楽天カードの分割払いの方法は?手数料・シミュレーション・金利も

楽天カードを使って買い物をすることはありますか。2回払いなど回数で分割払いにしたときの手数料をシミュレーションで把握しておくと後から支払いするときになってお金が足りなくて生活するのに困ってしまうという失敗をせずに済みます。楽天カードの仕組みを紹介します。

楽天カードの分割払い・決済の方法は?

分割払いの意味

分割払い

分割払いとは、お店やインターネットなどで買い物をしたときに本来なら購入代金を全額支払うところを何回かに分けて支払いを完了することを言います。1度にまとめて支払うには金額が高額なときや1か月の間で決まった金額しか使えないときなどの買い物方法でもありす。

どうしても今必要で手にれた予算オーバーのワンピースが3万円だった場合に、1万5千円ずつ2回に分けて支払いをしたという方法が分割払いです。

楽天カードの分割払い回数

分割払い

分割払いは購入した合計金額を回数を分けて支払うことですが、購入した際の合計金額によって何回で支払うというようなカード会社が支払い回数を指定するような決まりはありません。商品を購入した本人が自分の懐具合や支払い計画に応じて支払い回数を決めることになります。

楽天カードの場合は「2・3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回」の回数で分割払いできます。この回数の中から自分が間違いなく支払うことができるペースで、支払い回数を選択して指定します。

楽天カードの分割払い決済方法

カードの分割払い

楽天カードの分割払い決済方法は主に「登録口座からの引き落とし(口座振替)」となります。自分が利用したい銀行や信用金庫の口座をあらかじめ登録することが必要となります。口座振替料金は無料で毎月27日に自動的に引き落とされますので一度登録しておけば面倒な手続きは必要なく便利です。

また口座振替の他にも銀行振り込みやコンビニ払いという決済方法もあります。自動的に引き落とされることに抵抗がある方などはこちらの方法でも問題ありません。ただし、口座振替とは異なり毎月振込みのたびに振込み手数料がかかります。

商品の購入以外にも公共料金をクレジットカードで支払う人も最近増えてきています。楽天カードは支払った金額に応じてポイントがつきますので、利用できる支払いをクレジットカード決済に変更するとお得です。水道代はクレジットカード決済することは可能なのでしょうか?下の記事で解説していますので参考にしてください。

Small thumb fotolia 18150423 subscription monthly m
水道代はクレジットカード決済に変更可能?支払いでの注意点も解説

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは?

2回払いまでは手数料が無料

2回払い

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは「2回払いまでは手数料が無料」という点です。楽天カードの場合は「2・3・5・6・10・12・15・18・20・24・30・36回」の回数で分割払いできますが、支払い回数によって手数料がかかります。

しかしその中でも一度でまとめて支払いを完了する一括払いと2回払いだけは、手数料がかからないようになっています。一度では無理な支払いも2回払いまでに抑えておけば手数料がかからないのでお得な支払い方法とも言えます。

ボーナス払いは2回払いでも手数料がかかるので注意

ボーナス払い

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは「ボーナス払いは2回払いでも手数料がかかるので注意」という点です。さきほど分割払いでも2回払いまでは手数料が無料という説明をしました。けれども例外もあります。それはボーナス払いです。

ボーナス払いは、購入した次の付きからの引き落としではなくボーナスが入る夏季と冬季に支払いをする方法です。そのためボーナスは1回払いと2回払いの中から選択することになります。通常の分割払いにとは別の扱いになりますので2回払いでも手数料がかかりますのでご注意ください。

実際にクレジットカードでボーナス払いを利用するということはお得なのでしょうか。またボーナス払いはいつから利用できるのでしょうか。クレジットカードでボーナス払いを利用するためにはまずその仕組みを知ることが大切です。下の記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

Small thumb fotolia 101107414 subscription monthly m
クレジットカードのボーナス払いはお得?いつから利用可能?

分割払いの回数で手数料が変わるので注意

数料が変わる

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは「分割払いの回数で手数料が変わるので注意」が必要です。2回払いまでは手数料が無料ですが3回払いから手数料がかかります。そして分割の回数が増えていく段階ごとに手数料も上がっていきます。

分割払いの回数が増えると一度に支払う金額は少なくなりますので、支払いが楽だと感じます。中には得した気分に感じる人もいるようです。けれどその分手数料が上がっていきますので支払いの合計金額が増えていきます。

そのことも頭に入れてから何回払いにするのかを検討しましょう。下の表に楽天カード分割払い手数料 を支払い回数毎にまとめていますので参考にしてください。

楽天カード分割払い手数料

支払回数(回) 支払期間(ヶ月) 100円あたりの手数料(円)
3 3 2.04
5 5 3.40
6 6 4.08
10 10 6.80
12 12 8.16
15 15 10.20
18 18 12.24
20 20 13.60
24 24 16.32
30 30 20.40
36 36 24.48

支払いの回数は後から変更できないので注意

支払いの回数

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは「支払いの回数は後から変更できないので注意」が必要です。もともと3回払いで申し込んだ支払いを、後から手数料がかからない2回払いに変更することはできない決まりになっています。

しかし例外もあります。もともと1回払いで申し込んでいた支払いをあとから分割払いに変更することができる「あとから分割払い」というものが楽天カードではできます。ただし「あとから分割払い」を利用する場合でも選択できる支払い回数は3回以上です。

高額の買い物になると金利も高くなるので注意

金利アップ

楽天カードの分割払いで注意するべきポイントは「高額の買い物になると金利も高くなるので注意」が必要です。下の表に楽天カード分割払い実質年率をまとめています。支払い回数が3回の金利は、実質年率12.25%です。100円あたり2.04円の分割手数料が5万円になると1020円になります。

下の表を見てお分かりいただけると思いますが、実質年率も支払い回数が増えると増えます。支払い回数が15回の金利は、実質年率15%です。100円あたり10.2円の分割手数料が5万円になると5100円になります。場合によってはカードローンを組んだ方が支払金額が少なくなることがあります。

楽天カード分割払い実質年率

支払回数(回) 実質年率(%)
3 12.25
5 13.5
6 13.75
10 14.5
12 14.75
15~36 15

高額な買い物をして15回やそれ以上の支払い回数を選択することは、なるべく避けることをおすすめします。ではクレジットカードとカードローンはどのような違いがあるのでしょうか。下の記事で詳しく説明していますので支払い方法を選択するための参考にしてください。

Small thumb fotolia 123520602 subscription monthly m
クレジットカードとカードローンは何が違う?金利や返済方法は?

手数料の計算方法やシミュレーションは?

5万円を分割払いする計算方法シミュレーション「3回払い」

シミュレーション

分割払いを選択しようと考える前にまずはカード会社の分割手数料を把握したうえで、支払い回数を選択しましょう。支払い回数を3回にして5万円の買い物をした場合。100円あたりの分割手数料が2.04円で計算します。そこから実際にかかる手数料を算出し総額を出します。

3回払いなので総額を3で割った金額が1回の支払金額となります。分割支払金は1円未満は切り捨て、端数が出た場合は初回の支払いに加算します。

    5万円を3回に分割払いするシミュレーション

  • 3回払いの100円あたりの分割手数料は2.04円
  • 50000×100×2.04=1020
  • 50000+1020=51020
  • 51020÷3=17006余り2
  • 初月支払い17008円 残り2回の支払い17006円

5万円を分割払いする計算方法シミュレーション「5回払い」

シミュレーション

では次に支払い回数を5回にして5万円の買い物をした場合のシミュレーションをしてみましょう。100円あたりの分割手数料が3.40円で計算します。そこから実際にかかる手数料を算出し総額を出します。5回払いなので総額を5で割った金額が1回の支払金額となります。

シミュレーションをすることで分割払いを選択したときに、自分が実際に毎月支払える金額であるかどうかがわかりやすくなります。

    5万円を5回に分割払いするシミュレーション

  • 5回払いの100円あたりの分割手数料は3.40円
  • 50000×100×3.40=1700
  • 50000+1700=51700
  • 51700÷5=10340
  • 毎月10340円の5回払い

5万円を分割払いする計算方法シミュレーション「10回払い」

シミュレーション

最後に支払い回数を10回にして5万円の買い物をした場合のシミュレーションをしてみましょう。100円あたりの分割手数料が6.80円で計算します。そこから実際にかかる手数料を算出し総額を出します。10回払いなので総額を10で割った金額が1回の支払金額となります。

3回払いのときに比べると1回の支払金額は1万円以上安くなり楽な支払いだと感じます。しかし実際のところ5万円の買い物をしたのに支払う総額が3千4百円もプラスされています。シミュレーションをするとどれくらい支払う金額に違いがあるのか知ることができます。

    5万円を10回に分割払いするシミュレーション

  • 10回払いの100円あたりの分割手数料は6.80円
  • 50000×100×6.80=3400
  • 50000+3400=53400
  • 53400÷10=5340
  • 毎月5340円の10回払い

楽天カードの分割払いの知識をつけよう!

楽天カードを使った分割払いの方法や手数料のことなどシミュレーションと一緒に説明しましたが参考になりましたでしょうか。楽天カードを使って支払いをすると、支払金額に応じてポイントがつきます。そしてそのポイントを買い物に使うことができるのでとてもお得なカードだと思います。

上手くかしこく使うとお得感満載の楽天カードです。便利だからと言ってカードを使って分割払いばかりを利用しているといつもお金がない状態に陥ることもあります。支払いの回数が増えるとその分手数料が増えるということをしっかりと理解したうえで、かしこく楽しく買い物をしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。