Pontaとdポイントは交換できる!移行の注意点、お得な活用法も

Pontaとdポイントは、どちらもお買い物やキャンペーンでポイントを貯め、商品との交換などで利用ができるサービスです。全国各地の加盟店で利用でき、双方のポイント間で交換することもできます。今回は、交換に際しての注意点や活用法をご紹介します。

Pontaとdポイントの交換方法

ローソンならどっちも使える

Pontaとdポイントが両方使えるコンビニとして、ローソンがあります。現在では全国に13,000店以上出店されており、基本的にどの店舗でも使うことができるサービスです。 Ponta、dポイント共に入会金および年会費はかからないため、負担なしで申し込みができます。カードを発行してもらい、提示することで、ポイントを貯めたり使ったりするごとができます。カードが無くともスマホで同様のサービスを利用可能です。

Pontaポイントから交換する条件

Pontaポイントとdポイントは、それぞれ別のポイントサービスです。しかし、Pontaポイントからdポイント、dポイントからPontaポイントへの交換ができます。 ポイントの交換には条件があるため、まずは確認してみましょう。Pontaからの交換は、100ポイント以上所有している必要があります。また、Ponta Web利用手続きが完了したPonta会員ID、dポイントクラブ会員番号を持っていることも条件です。 なお、dポイントカードからは5,000ポイント以上の所有が条件となります。

手続きはWEBで可能

ポイント交換の手続きは、WEBで行うことができます。こちらの「 Pontaポイントとdポイントとの交換がスタートしました!」にアクセスし、「交換はこちら」と書かれたボタンを押してください。 次に、交換したいポイントを入力し、「交換内容の確認へ進む」を押します。遷移後、交換内容に間違いが無ければ、「交換手続きへ進む」を押しましょう。 続いて、リクルートIDでPonta Webにログインし、「dポイントクラブ会員番号入力に進む」を押します。注意事項の確認画面が表示されたら、確認し「同意する」を押してください。申込内容が表示されるので確認し、「お申込みをする」を押して完了です。

問い合わせ先と受付時間

dポイントの問い合わせ先は、「dポイントカスタマーセンター」です。電話番号は0120-208-360で、受付時間は24時間となっています。定休日などはなく、年中無休で受付が行われています。 Pontaポイントの問い合わせ先は、「Pontaカスタマーセンター」です。電話番号は0120-0-76682で、受付時間は9時から21時までですが、特に定休日はありません。

キャンペーンの違いを比較してお得に

キャンペーンはPonta、dポイントの両方で行われています。抽選で一定金額分のポイントの付与、懸賞などいくつも種類があります。 両者でキャンペーン内容や実施時期が異なるため、自身に合ったものを比較して利用することで、お得にすることが可能です。今どのようなキャンペーンが行われているのか、確認してみましょう。

ポイント移行に関する手続きの違い

ポイント交換の単位

ポイント交換には、一定ポイント数での単位で交換が受け付けられています。先述の通り、Pontaでは100ポイント、dポイントでは1回につき5,000ポイントです。 なお、上記の単位以外では基本的に交換はできません。そのため、1ポイントや10ポイント単位での細かな交換ができないということです。また、dポイントの交換には250ポイントの手数料がかかります。

ポイントの還元率(レート)

ポイントの還元率は、dポイント1ポイントあたりPontaカード1ポイントです。逆の場合も同じとなっているため、交換後もポイントの値は変わりません。 なおdポイントからの交換は、同一年度内で2回までと制限されています。むやみに回数を重ねると、交換ができなくなる可能性があるので注意しましょう。同一年度とは、4月1日から3月31日までの期間を指します。

ポイント移行の注意点

ドコモ以外はできない

Pontaポイントからdポイントへの交換は、ドコモユーザー以外は不可能です。ドコモの携帯電話番号が必要となるため、他社から発行された番号は対象外となることが理由として挙げられます。交換できるほどのポイントを所有しているにも関わらず、dポイントへの交換ができないという方は、この点が原因です。

交換先の反映が遅いと感じる場合

ポイントの交換は、交換先での反映がすぐにされるわけではありません。Pontaポイントからの交換では翌々月中旬ごろ、dポイントからの交換では交換月の翌月末ごろです。 急いでいる場合は、できるだけ早く交換の申し込みをするようにしましょう。それでも反映がされないという際は、ログインし直してみたり、問い合わせるといったことを実践することが対処法といえます。

併用によるポイントの二重取り

Pontaポイントとdポイントを併用することで、ポイントを二重取りすることができます。dポイント加盟店によってできるかどうかが異なるため、会計をする前に確認をしておく必要があります。なお先述のように、ローソンでは両方のポイントが利用できますが、こちらでは二重取りができません。

まとめ

Pontaとdポイントの交換は実際に可能ですが、回数に制限があったり、単位が決まっているといった注意点があります。まずは問題なく交換できるかを確認し、可能であるようなら手順を間違えないように注意しながら実践しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。