ヤフーのETCカードはポイント貯まる?メリットや年会費など徹底解説

高速道路をスムーズに利用する為のETCカードですが、ほとんどのETCカードはクレジットカードに付帯する形で作成します。どのクレジットカードを選ぶかによって、特典やポイントなどに違いがあります。ここではヤフーカードでETCカードを作るメリットと作成方法、年会費などについて見ていきたいと思います。

ヤフーカードでETCカードを作るメリット

ヤフーカードのメリットは何と言ってもTポイントが貯められることです。ヤフーカードでETCカードを作ることで、高速道路の利用料金に応じてTポイントを貯めることが出来ます。また他のカードにはなかなかない、1つのカードにつきETCカードを5枚作ることができるという特徴もあり、複数台の車を利用している方には大きなメリットになるでしょう。

Tポイントが貯められる

TポイントはTSUTAYAやファミリーマートなど、いろんな店舗で貯められる使い勝手の良いポイントです。ヤフーカードの基本の還元率は1%で、Yahoo!ショッピングとLOHACOでは3%還元と、他のTポイントカードと比較しても最大級の還元率になっています。

ETCカードでもTポイントが貯まる

ETCカードも100円で1ポイントが付与されます。1,000円で10ポイントというカードも多いですが、その場合例えば800円の利用だとポイントは付きませんがヤフーカードは100円につき1ポイントなので800円で8ポイントが付与されます。頻繁に高速道路を利用される方はこの小さな積み重ねが徐々に積み重なって大きな差に成り得ます。

年会費無料で使える

ヤフーカードはポイント還元率の高さなどスペックの良さに関わらず年会費永年無料で利用できる嬉しいカードです。ただしETCカードは年会費500円(税抜)がかかります。ETCの利用頻度によって、一定以上の利用があるなら年会費分もペイできます。

ヤフーカードでETCカードを作成するには?

ヤフーカードでETCカードを作成するためには、ヤフーカードへの申込みが必要です。まだヤフーカードをお持ちでない方はカードの申し込みと同時にETCカードの申し込みも出来ます。すでにヤフーカードをお持ちの方はカード会員サービスメニューからオンライン申込みをすることが出来ます。

ヤフーカードと一緒に作成する場合

ヤフーカードを作成する為にはYahoo!IDが必要です。Yahoo!IDをお持ちでない方は、yahooのトップページからyahoo「カード」のメニューがありますのでそちらからIDを作成後申込みページに移ります。カードの申し込み画面で、ETCカードを作成するかしないかの選択肢がありますので「作成する」を選択することでヤフーカードとETCカードの両方に申込みが完了します。

ヤフーカードを後から追加する場合

すでにヤフーカードをお持ちで、ETCカードを作りたい場合はヤフーカードからカード会員サービスメニューを開き、各種お手続きの欄に「ETCカードのお申し込み」という項目があるのでそちらから申込みできます。

ヤフーカードのETCカードは年会費がかかる

ヤフーカードは年会費無料で利用できますが、ETCカードは1枚あたり500円の年会費がかかります。ETCカードには年会費無料のものもあるので、年会費500円払うなら無料のほうが良いと思う方も多いと思います。 ただ例えば無料のETCカードを選んで、そのカードで貯まるポイントは生活の中でお得に使えるかどうか、ということを考えなくてはなりません。たとえ年会費500円を払っても、普段からyahooショッピングやTSUTAYAやファミリーマートなどTポイントが貯まる場所でお買いものをしている、また高速道路を使う頻度が多く年会費よりもポイントの方が多くつく、という方にはその方がお得に使えます。 生活の中でどんなカード、どんなポイントならお得に貯まり、使うことが出来るのかをしっかり考えてから、カードを選択することが賢い方法といえるでしょう。年会費の支払いは、例えば4月にETCカードを作成した場合は6月27日の支払いになります。

ヤフーカードのETCカードを解約したい場合

解約はWEBサービス上では行えず、ワイジェイカードコンタクトセンターに電話することが必要です。その際カード番号が必要になりますのでヤフーカードとETCカードの2枚をお手元に用意して電話するとスムーズです。

まとめ

ヤフーカードのETCカードについて見てきました。Tポイントを活用したい方や高速道路を頻繁に利用する方にとってお得なカードです。年会費がかかる点は注意したいですが、どのような頻度で利用するか、Tポイントを日頃から利用しているかによって、あなたにとってお得かどうかを判断してから使うようにしてください。賢くETCカードを活用しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。