【2018年】ヤフオクで売れない時はどうする?購入者目線に立とう

インターネットオークションを利用することで誰もが手軽に商品を販売することができ、多くの場合リサイクルショップ等に持ち込むより高額で商品を売却することが可能です。しかし、ヤフオク等で商品を出品する場合は競合も多く、「なかなか商品が売れない」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

ヤフオクやメルカリで売れない理由

画像の見栄えがよくない

オークションにおいて画像の見栄えが良くないというのは売れない原因の一つになります。購入者が商品を選ぶ際はまず画像を見て、コンディションが良さそうであれば内容文に目を通すという流れになるでしょう。商品自体に問題がないとしても、場合によっては画像の見栄えが良くないだけで画面を閉じられてしまう可能性があります。

メーカーの商品画像を使用

自分で用意した画像ではなく、メーカーの商品画像のみを使用している場合も購入者に不信感を与えてしまうでしょう。オークションで商品を購入する際は商品のコンディンションが気になるものであり、それを確認する手段の一つが商品画像です。そのため、出品商品の画像が掲載されてない場合は「何か商品に問題があるのかもしれない」と見なされてしまう可能性があります。

商品説明が不十分

商品説明が不十分な場合も購入者が落札を躊躇してしまうでしょう。購入者は実物を手に取ることができない以上、画像や商品説明でコンディションを判断する他ありません。しかし、それらの情報が不十分な場合は出品者を十分に信頼することができません。

出品者に評価がついていない

出品者が評価ゼロの場合も購入者に不安を与えてしまいます。ヤフオクやメルカリといったシステムではお互い顔も知らない相手と取引することになるため、評価が信頼の証明となるでしょう。そのため、評価ゼロやマイナス評価しかない場合は信頼できない出品者と見なされてしまう恐れがあります。

ヤフオクの購入者が求めることとは?

安心感のある取引がしたい

ヤフオクの購入者が求めることとして、まず安心感のある取引がしたいというものが挙げられます。インターネットオークションは顔の見えない相手と取引することになり、商品の実物を直接確認することもできません。そのため、なるべく信頼できる出品者から確実に購入したいと思うのは自然なことでしょう。

安くお得に商品を手に入れたい

また、ヤフオク利用者の本音としては「安くお得に商品を手に入れたい」という気持ちがあるでしょう。インターネットオークションの利点としては、多くの場合リサイクルショップなどで購入するより安い価格で商品を手に入れることができます。

ヤフオクで売れない時にするべきこと

ヤフオクの価格帯に合わせる

商品が売れない時に考えたいのは、まず「適性な価格に設定されているか」という点です。相場と比較してあまりにも高額な場合は入札が入らないのも自然なことであり、落札者のニーズを鑑みていないと言えるでしょう。相場をしっかりとチェックし、送料を別に請求するのであれば、その分商品価格を下げることが大切です。

きれいな画像を撮る

ヤフオクでの入札率を上げるためには、きれいな画像を用意することが重要です。購入者は画像を見て商品の購入を決定することも多いため、商品の魅力を十分に引き出せるような画像を撮りましょう。いまいち良い写真が撮れないという場合には、撮影キットを使ってみるという手もあります。

商品説明を充実させる

画像やタイトルで商品の購入意欲を煽り、商品説明でコンディションを事細かく説明することが入札率アップの秘訣です。商品の状態や発送方法、発送にかかる日にち等を細かく説明することによって落札者に安心感を与えることができるでしょう。

終了の曜日や時間を売れる時間に設定

オークションが終了する曜日や商品が売れやすい時間に設定することも大切です。オークション終了のタイミングが平日の昼間等であれば閲覧数が上がらず、結果的に入札率も下がってしまうでしょう。一般的には週末の22時〜24時がおすすめの終了時間帯ですので、そちらの時間に合わせることをおすすめします。

プロフィールを充実させる

プロフィールを充実させ、自分が何者であるかを開示することによって信頼を得ることができます。多くの場合、素性がよく分からない人よりは、人となりを把握できる人から商品を購入したいものではないでしょうか。プロフィール欄に連絡可能な時間帯や誠意を持って取引する旨を記載しておくことで不意なトラブルを避けると共に、購入者に安心感を与えることができるでしょう。

まとめ

ヤフオクで商品が売れない場合、まず購入者目線に立つことが大切です。「自分が購入者の立場であればこの商品を買うか?」いうことを客観的に判断することができれば、自ずと改善点も見えてくるでしょう。商品の入札率を上げるためには、分かりやすい商品説明と誠実な姿勢が大切です。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。