LINEモバイルの通話定額で10分無料に!お得に使う方法を解説!

LINEモバイルの音声通話方法をマスターして、音声通話の料金をお得にしていきましょう。オプションなども含めて一番お得になるのはどんな方法なのか、解説していきます。

LINEモバイルの音声通話料金

LINEモバイルの場合も他の携帯電話会社同様、様々な料金プランやオプションを用意しています。プランや容量によって月額料金が変わるのは当然ですが、通話料は一律です。ここからはそれぞれ詳しく解説します。

月額料金

月額料金は、LINEモバイルが用意している3つのプランのどれを選ぶかによって変わってきます。一番安いのは「LINEフリープラン」です。容量は1GBしかありませんがデータ通信のみの場合500円/月、データ通信+SMSにすると620円/月、データ通信に音声通話を加えると1200円/月となっています。 他には「コミュニケーションフリープラン」と「MUSIC+プラン」があり、どちらもデータ通信のみという選択肢はありません。容量は3GB、5GB、7GB、10GBから選ぶことができ、後は「データ通信+SMS」か「データ通信+音声通話」を選択します。「MUSIC+プラン」は「LINE MUSIC」が使えますからその分金額は高めになってしまいます。ご自分に一番合ったプランを選択することが大切です。

通話料

通話料はだいたいどの携帯電話会社でも同じようなものですが、想定外の金額を使ってしまったなどということがないように、LINEモバイルの音声通話料金を把握しておくようにして下さい。音声通話料金は20円/30秒となっています。

オプション料金

少しでもお得に音声通話ができるように、オプションもしっかり選んでおきましょう。代表的なオプションをご紹介します。
  • 留守番電話(300円/月)
  • 割込通話(200円/月)
  • 転送電話(無料)
  • 10分電話かけ放題(880円/月)
  • 国際電話(無料)

音声SIMで選べる通話方法

音声通話SIMを契約したユーザーの場合、通話をお得にできる方法がいくつか用意されています。これは公式サイトなどでも確認できますが、知っておくと便利ですので参考にして下さい。

通常の携帯電話の通話

普通に通話をすると20円/30秒かかるということは先にもご紹介しました。30秒で20円もかかると、「高い」という印象を受けるかもしれませんが、LINEモバイルの場合、以下に紹介するメリットを用意しています。

申し込み不要のいつでも電話

LINEモバイルが用意している「10分電話かけ放題」オプションに加えて、音声通話SIMのユーザーは通話アプリ「いつでも電話」によって10円/30秒で通話できます。このお得なサービスは、「10分電話かけ放題」オプションに入っていなくても使うことができますので、覚えておきましょう。

定額の10分電話かけ放題オプション

このオプションはLINEモバイルユーザーだけが使えるサービスで、その名の通り10分以内の通話なら無料となります。但し、110番、119番などの緊急通報発信や、0120、0570などの「0××0」の番号に対して発信することができません。また、音声通話SIMでの契約が必要で、データ通信SIMではこのオプションは使えません。

LINEの無料通話機能も使える

ここまでご紹介したオプションなどを使ってお得に通話するのも良いのですが、LINEモバイルを契約したのであればLINEの無料通話機能を使いましょう。ここからはLINEの無料通話機能についてご紹介します。何分何円というような通話料金は発生しません。

LINEの友だち同士のみ利用可

LINEのアプリをインストールしている人同士で、さらにLINE内で友だちになっている相手であればLINE通話が可能です。使い方としては、電話をかけたい相手のLINEトーク画面から「無料通話」をタップします。つまり、友だち同士になっていない相手には使えないということになります。

LINEモバイルではカウントフリー

通常、携帯電話会社では高速通信するデータ容量をカウントされてしまう為、通話するにもその容量を気にしながらということになるのですが、LINEモバイルのSIMでLINEの無料通話を使うと高速通信容量のカウントはされません。

通話品質は通信の接続状況に依存

LINEモバイルのLINE無料通話は、モバイル通信やWi-Fiで通話する方式ですから、この通信状況や接続状況によって通話品質が良くもなり悪くもなります。インターネットと同じ理屈ですから、電波状態の良い場所でかけることで快適に通話できます。

相手の接続環境に配慮が必要

相手がもしLINEモバイル以外のSIMを使っているという場合には注意が必要です。LINE通話は電話代がかからなくても通信量を消費するからです。長時間通話を続けると、ひと月に使える高速通信容量を消費してしまうかもしれません。LINEモバイル以外のSIMを使っている相手と長時間のLINE通話をしたい場合、どの程度通信量を消費して大丈夫なのかを確認してもらいましょう。

手軽に使えるLINE Outでの通話

LINE Outとは発信専用の電話アプリのことです。LINEの無料通話が出来ない携帯電話や固定電話に対してもLINEアプリから電話をかけることができます。中でもLINE Out Freeという機能を使えば世界中のほとんどの相手に最大で5分間、無料で通話することができます。 LINE Outには有料となるプランも存在しますが、その場合でも通常よりお得に通話することができます。最大の特徴の一つは、発生した通信がLINEの無料通話同様、高速通信としてカウントされず、通信量を気にする必要がないということです。

国内外の電話番号へ無料で通話可能

LINE Out Freeは国内外の電話番号に無料で電話をかけることができます。相手が携帯電話でも固定電話でも無料ですから、通信量などを気にする必要はなくなりますが、あくまでも発信専用です。

通話SIMかSMS対応SIMが必要

LINE Outは、音声通話SIMかSMS対応SIMが必要となっています。データ通信SIMではこの機能を使うことができませんので注意しましょう。

発信には使えるが着信はできない

先にも述べましたがこのLINE Outは発信にしか使えず、着信はできません。LINEの友だち同士で通話をするならLINEの無料通話を使い、友だち以外の相手と通話するならLINE Out、LINE Out Freeを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

LINEモバイルは様々な意味で注目されています。格安SIMの携帯電話としてだけでなく、LINEという人気のアプリを最大限に利用してお得に通話や通信ができるとして人気が高まっています。これを機会にスマホを乗り換えようとお考えでしたら、ぜひ今回紹介した内容を参考にして下さい。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。