喋り方や声でわかる性格10選!話し方で相手の心理を見抜く方法も

人の印象は表情や喋り方で変わってきますが、話をかぶせてくる喋り方の人はどんな性格をしているのでしょうか?今回は話をかぶせてくる喋り方の人や大きな声の喋り方の人、反対に小さな声の喋り方の人の性格をまとめました。また、相手の話し方や仕草で心理を見抜く方法もご紹介しますので、参考にしてください。

話をかぶせてくる喋り方の人の性格5選

話をかぶせてくる喋り方の人の性格①せっかち

腕時計を気にする女性

話をかぶせてくる喋り方の人の性格1つ目は、せっかちな性格です。いつもセカセカとしていたり歩くのが早い人は、人の話を最後まで聞かずに話をかぶせて喋り始めてしまいます。最後まで聞かなくても自分で話を理解し、自分の意見を言ってしまうので、話ている人からすると自分の話を遮られて嫌な気持ちになるでしょう。

話をかぶせてくる喋り方の人は、のんびりやゆっくりが苦手で忙しく動き回っているのも特徴です。会話のあいずちも「それで?」と先が気になって相手を急かしてしまいます。特におっとり系の人や、話が長い人が苦手で、話の途中で自分の話をしてしまうこともあります。

話をかぶせてくる喋り方の人の性格②自己中心的

タブレットを見て話し合いをする男性

話をかぶせてくる喋り方の人の性格2つ目は、自己中心的な性格です。自分を中心として物事を考えている人は、他の人が話していても自分が話したいと思ったらかぶせて喋り始めてしまいます。周りがどう思っていても気にならないのも自己中心的な性格の人の特徴です。

話をかぶせてくる喋り方の人は、人の話に興味がないのも特徴です。基本的に自分が良ければ良いという考えを持っているので、他の人が話ている会話に割り込んで「それ知ってる」などと自分の話のように話始めてしまいます。このことを「会話泥棒」と呼び、話をかぶせてくる喋り方が特徴なので要注意です。

話をかぶせてくる喋り方の人の性格③目立ちたがり屋

会議をする男女

話をかぶせてくる喋り方の人の性格3つ目は、目立ちたがり屋な性格です。いつも輪の中心にいたいと考えている目立ちたがり屋な人は、人の話にもズカズカと踏み込んできます。話をかぶせてくる喋り方をするので、元々話ていた人が話せなくなってしまうことも多々あります。

目立ちたがり屋な人のほとんどは話好きで、相手と共通点がなくても自分の話をどんどんしてきます。相手が話始めても最後まで聞かずに話し始めます。そのため初対面やそれほど仲良くない人からの印象は悪いものになってしまうことが多いようです。

話をかぶせてくる喋り方の人の性格④飽きっぽい

顎に手を当てる女性

話をかぶせてくる喋り方の人の性格4つ目は、飽きっぽいという性格です。人の話を聞いていても上の空だったり、手や携帯をいじるなどする人は飽きっぽい性格で相手の話を「つまらない」と感じています。そのため話の途中であってもかぶせて喋り始め、強制的に相手の話を終わらせてしまいます。

飽きっぽい性格の人は流行りにとても敏感なのが特徴です。そのため、自分の中で流行が過ぎた物の話は「つまらない」と感じます。自分の知っている流行りの話をしたくてたまらなくなり、話をかぶせてくる喋り方をしてしまいます。話をかぶされた相手は、バカにされたような気持ちになってしまうこともあります。

話をかぶせてくる喋り方の人の性格⑤理解力が高い

パソコンの画面を真剣に見る男女

話をかぶせてくる喋り方の人の性格5つ目は、理解力が高いという性格です。理解力が高いということは、話の先を読めるということにも繋がります。そのため、話の中盤辺りで結果や結末を読み取ってしまい、途中でも自分の意見をかぶせて喋り始めてしまいます。話している人は「自分の話なのに」と嫌な気になります。

話をかぶせてくる喋り方の人は「それって」や「知ってる」などが口癖の人が多く、かぶせて喋り始める時の決まり文句となっています。また、かぶせてくる喋り方の人には上から目線の人が多いのも特徴です。上から目線で話す人の心理や特徴をまとめた記事がありますので、合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 74106820
上から目線とは?心理や特徴10選・女性の話し方や直す方法も

上から目線とはどのような態度のことを表す言葉なのでしょうか。この記事では、上から目線をする人の心理や特徴を10選にしてご紹介します。女性の話し方や直す方法...

大きな声の喋り方の人の性格5選

大きな声の喋り方の人の性格①自分に自信がある

顎に手を当てポーズを取る男性

大きな声の喋り方の人の性格1つ目は、自分に自信があるという性格です。自分の発言や行動に自信を持っている人は、普段からハキハキとしていて声も大きいのが特徴です。どんな話も誰に聞かれても恥ずかしくないという自信があるので、通常の声のボリュームが他の人より大きいです。

大きな声の喋り方の人の性格②負けず嫌い

男性を見つめ頭を抱える女性

大きな声の喋り方の人の性格2つ目は、負けず嫌いという性格です。大きな声は自信の表れでもありますが、周りに負けたくないという気持ちの表れでもあります。スポーツ選手も大きな声で喋る人が多く、自分をアピールしなくてはならないお仕事や立場にいる人も大きな声で喋ることが多いようです。

大きな声の喋り方の人の性格③人懐っこい

笑顔でカップを持つ女性

大きな声の喋り方の人の性格3つ目は、人懐っこいという性格です。第一印象で「声が大きいな」と感じた相手は、人懐っこく友達もたくさんいて人気者なことが多いです。大きな声で喋ることで自分に興味を持ってもらい仲良くなろうという心理なので、大きな声で話かけられたら「仲良くなりたいんだ」と捉えて良いでしょう。

大きな声の喋り方の人の性格④幼稚

カートで遊ぶ男女

大きな声の喋り方の人の性格4つ目は、幼稚という性格です。小さな子供は相手意見や考えの前に自分の主張を優先して喋ります。そのため、相手よりも大きな声で喋ったり話を遮ったりします。大人になってからも大きな声の喋り方の人は、子供の心が残っていて幼稚な面があります。主張が強く、頑固なのも特徴です。

大きな声の喋り方の人の性格⑤自分勝手

指をさして怒る女性

大きな声の喋り方の人の性格5つ目は、自分勝手という性格です。誰よりも大きな声で喋ることで自分に注目が集まり、自分が中心でいられると思っているのが特徴です。話している人よりも大きな声で話をかき消すように喋ります。大きな声の喋り方の人は、会話も自分勝手で喋りたいことを一方的に喋って会話が終わります。

小さな声の喋り方の人の性格6選

小さな声の喋り方の人の性格①自分に自信がない

窓の外を眺める女性

小さな声の喋り方の人の性格1つ目は、自分に自信がないという性格です。大きな声の喋り方の人と真逆の性格とも言える小さな声の喋り方の人は、引っ込み思案で内気な人が多いのが特徴です。自分に自信がないので、発言にも自信がなく小さな声になってしまいます。人から指摘されるのを嫌がる人も声が小さいです。

小さな声の喋り方の人の性格②消極的

スマホを見つめる男性

小さな声の喋り方の人の性格2つ目は、消極的という性格です。目立ったり自分が中心となることを嫌う人は、声が小さかったりあまり喋らない大人しい性格の人が多いです。「誰かがしたからする」、「誰かに誘われたからする」といった行動を取るのも特徴で、自分から積極的に行動を起こすことはありません。

小さな声の喋り方の人の性格③平和主義

握手をする男女

小さな声の喋り方の人の性格3つ目は、平和主義という性格です。大きな声の喋り方の人は「怖い」や「怒って」と感じることもあります。そのため、平和主義で争いごとを嫌う人は声が小さくなりがちです。女性の場合「可愛らしい」と捉えられますが、男性の場合は「弱々しい」と捉えられてしまうことも多いです。

小さな声の喋り方の人の性格④恥ずかしがり屋

横目で見合う男女

小さな声の喋り方の人の性格4つ目は、恥ずかしがり屋という性格です。声が聞き取りづらいほど小さな声の喋り方の人は、極度の恥ずかしがり屋やあがり症な性格です。特に初対面の人と話す時には緊張してしまい、より声が小さくなってしまいます。「何て言った?」と良く聞かれる人は恥ずかしがり屋な性格の人が多いです。

小さな声の喋り方の人の性格⑤人間不信

指をさされる女性

小さな声の喋り方の人の性格5つ目は、人間不信という性格です。人との関わりに不安を持っている人は、小さな声の喋り方の人が多いです。人間不信人な人は誰も信用していないので、会話を振ってもノリは良くありません。人との関わりを持ちたくないと思っているので、声も小さく必要最低限の会話しかしないのが特徴です。

小さな声の喋り方の人の性格⑥会話が苦手

カウンターで向き合う男女

小さな声の喋り方の人の性格6つ目は、会話が苦手という性格です。会話のキャッチボールが上手くできない人は、頭の回転が遅く会話の内容を理解するのが苦手です。そなため、声も小さくなり言葉数も少なくなってしまいます。小さな声の喋り方の人は、おっとりとした性格が多いのも特徴です。

相手の話し方や仕草で現在の心理を見抜く方法は?

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法①目を見て話す人は好意がある

見つめ合って話す男女

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法1つ目は、目を見て話す人は好意があるということです。日本人は他の国の人に比べ恥ずかしがり屋と言われています。そのため、目をジッと見られると晒す人が多いです。ですので心理を見抜く方法で目を見て話す人は、相手に好意や興味を持っているという心理状態にあると言えます。

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法②キョロキョロする人は余裕がない

頭をかしげる女性

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法2つ目は、キョロキョロする人は心に余裕がないということです。会話中にキョロキョロ、ソワソワしている人は、不安や焦りという心理状態にあります。心理を見抜く方法で、時間や仕事に追われている人は心に余裕がないため、人の話も集中して聞くことができないと言えます。

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法③早口なしゃべり方の人は共有したい

手を広げて話す女性

話し方や仕草で相手の心理を見抜く方法3つ目は、早口なしゃべり方な人は共有を求めているということです。特に早口で身振り手振りが多い人は、相手に自分の気持ちを伝えたいという心理状態にあります。自分が体験したことを相手と共有したいと強く思っているので、早口でそのシーンを再現しながら話すのも特徴です。

相手に話を伝えたいという気持ちが強い人は、話が長くなることも多いです。話が長い人の心理や対処法を紹介している記事がありますので、気になる方はこちらもご覧ください。

Small thumb shutterstock 519924175
話が長い人の心理は?くどい電話や苦痛な会話の対処法や簡潔にする方法も

話が長い人の心理とは何でしょうか?女性は、男性よりくどいほど会話が長引いたり長電話をする傾向があります。簡潔に話す事は相手への気遣いでもあり、思いやりでも...

喋り方の違いで相手の心理を読み取ろう!

人の話し方にはそれぞれ個性があります。その個性は良い方向に働く場合もあれば、相手によって不愉快に感じてしまうこともあります。話し方や喋り方、仕草の違いで相手の心理を読み取ると同時に、自分の喋り方も意識して上手く会話をしていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。