将来なくならない仕事ランキングTOP5!今後残る&AIでなくなる職業

将来なくならない仕事とはどのような職業なのか、気になる人も多いかと思います。今回は「絶対になくならない職業」をランキング形式でご紹介します。また、AIが発展するにつれてなくなっていくであろう職業もご紹介しますのでぜひご参考ください!

将来なくならない仕事の特徴は?

将来なくならない仕事の特徴①国の文化に根付いている

木の中の鳥居

将来なくならない仕事の特徴の1つ目は、国の文化に根付いていることです。冠婚葬祭に代表されるように、何十年、何百年の間受け継がれてきたその国の伝統的な行事に関わる仕事や職業は、今後も無くなることはないでしょう。もちろんこれは日本国内だけではなく、外国の文化にも通じることです。

将来なくならない仕事の特徴②発想力や想像力が必要

考える男性

将来なくならない仕事の特徴の2つ目は発想力や想像力が必要だということです。これからどれだけ技術が発達しても、それは人間がプログラミングしたことを実直にこなすだけの機械です。機械に「ひらめき」や「アイデア」を求めることはかなり難解かと思われますので、クリエイティビティな仕事も無くならないでしょう。

将来なくならない仕事の特徴③人間だからこその感動がある

男女混合の人間関係

将来なくならない仕事の特徴の3つ目は、人間だからこその感動があることです。機械は「心」や「思いやり」や「情熱」などがありません。人間だからこそ同じ人間の心に響かせることができる感動がありますよね。芸術、スポーツなどに代表される「人間ならでは」の感動を生む仕事も無くならないと推測されます。

機械ではできない人間ならではの仕事が重要!

将来なくならない仕事は、いわゆる「機械では代用できない仕事」になります。どんなに技術が発達しても機械に「新しい感動」を生産することは難しいでしょう。

【10年後】なくならない仕事|今後も残る職業10選

10年後になくならない仕事や今後も残る職業①介護職

介護をする女性

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の1つ目は、介護職です。少子高齢化のこの時代、介護の需要は増えていくばかり。機械化が進んでいる現場も多いですが、人間ならではの気付きやケアが全て機械に任せられることは10年ではありえないでしょう。ですがいつかはそんな未来も来そうな気もしますよね!

10年後になくならない仕事や今後も残る職業②医療職

包帯を撒かれる人

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の2つ目は、医療職です。診察、内診、触診、内科手術に外科手術と、医療に関わる全ての技術を機械で網羅することは難しいでしょう。手術の全自動化がありえたとしても、イレギュラーを判断するのは人間に変わりありません。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業③保育士

働く保育士さん

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の3つ目は、保育士です。自分の子供を預ける保育園や幼稚園に人間が1人もいない、だなんて10年程度ではとてもありえないですよね。機械だけの施設に全ての親が子供を安全に預けられるなんて世界は、可能になったとしてもどれほど未来のことか分かりません。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業④卸し市場

ポスを触る女性

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の4つ目は、卸し市場です。魚、花、野菜、お肉、資材など、世の中には何万人もの人々が様々な卸し市場を利用し、雇用されています。人間の目利きがあってこそ判別が必要となる卸し市場は、機械に「感性」が生まれない限りは取り変わられることはないでしょう。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑤電気産業

可愛い丸い電球

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の5つ目は、電気産業です。私達の生活にあまりにも欠かせないものであるインフラの1つが「電気」です。電気に代わるエネルギーは現在でもありますが、それらが電気の供給率を全て網羅するほどに生活に馴染むとすると考えても、とても10年では足りないでしょう。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑥伝統工芸の技術職

赤い鳥居

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の6つ目は、伝統工芸の技術職です。何百年も前から人の手によって受け継がれてきた古い技術は、機械に教えこむことはできません。職人の目利きと技術と暖かみ、そして情熱によって培われてきた技術は、10年ぽっちで無くなることはありません。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑦教師

学校の先生

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の7つ目は、教師です。教育の全てが機械化、自動化される未来は10年では来ないでしょう。生徒と教師、という人と人との繋がりから学べることも多いです。あらゆる生徒の疑問の全てに柔軟に答える技術も、たかだか10年ではやってくることはないでしょう。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑧僧侶

紅葉のお寺

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の8つ目は、僧侶です。僧侶と書くと少し仰々しいかもしれませんがいわゆる「お坊さん」ですね。お坊さんはお葬式やお通夜、年ごとの周忌にも呼ぶものです。日本が仏教式のお葬式を取り入れている限りは仕事にあやかれるので、10年やそこらの年数では無くならないでしょう。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑨探偵

隠し撮りをする男性

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の9つ目は、探偵です。意外かもしれませんがこれも無くなりませんよ。調査や尾行などを全て機械化するのには10年という期間はあまりにも短過ぎます。可能であっても依頼コストはかなり上がるので現実的ではありません。人の観察眼や直感も重要な仕事です。

10年後になくならない仕事や今後も残る職業⑩料理人

料理をする男性

10年後になくならない仕事や今後も残る職業の10つ目は、料理人です。もしも機械が完璧な調理をしたとしても、全てのジャンルの料理、全ての価格帯の料理、全ての味付けの料理を網羅することは10年ではできません。作る人によって多少風味が変わることも人間の手による醍醐味なのです。

人間の「味」が出る職業は強い!

伝統工芸や料理人など、人間だからこその「味」が出るものはやはり強いです。またいつか機械に取り代わられる職業だったとしても、10年という月日はそれには見合わないでしょう。

【絶対に】なくならない仕事|将来残る職業ランキングTOP5

絶対になくならない仕事や職業ランキング5位:IT産業

働く女性

絶対になくならない仕事や職業ランキングの5位は、IT産業です。今やインターネットが無い世界など絶対に考えられません。これからパソコンのスペックやネットの環境やあり方が変わっていったとしても、根本的にインターネットがあるからこその変化です。ネットそのものが何かに代わられることは無いでしょう。

絶対になくならない仕事や職業ランキング4位:カウンセラー

手を繋ぐカップル

絶対になくならない仕事や職業ランキングの4位は、カウンセラーです。機械には心を癒すことはできません。人だからこそ人の心の闇や傷に気付き、診断し、癒すことができるのです。人の心ほど繊細で複雑なものはありません。それら全ての可能性を機械が網羅することは、人が人でいる限りは不可能でしょう。

絶対になくならない仕事や職業ランキング3位:スポーツ選手

野球をする男性

絶対になくならない仕事や職業ランキングの3位は、スポーツ選手です。もちろん、機械が行うスポーツもそれはそれで面白いです!ですがやはり人間のスポーツと比べられるものではありません。例え機械が発達してスポーツができるようになっても、人間のスポーツの感動は必ず残り続けるでしょう。

絶対になくならない仕事や職業ランキング2位:芸術家

絵を描く女性

絶対になくならない仕事や職業ランキングの2位は、芸術家です。1本で食べていくのには狭い門ではありますが、人間の感性で作品を生み出すという行為は機械で賄えるものではありません。もしも機械がアートを嗜むようになったとしても、それはあくまで「機械が作った芸術作品」でしかなく、人間のそれとは別物なのです。

絶対になくならない仕事や職業ランキング1位:プログラミング産業

働く男性

絶対になくならない仕事や職業ランキングの1位は、プログラミング産業です。見事ランキング1位となったプログラミング産業のその理由は、いつか多くの職業が機械に取り代わられたとしても、それを制御しコントロールするのは人間の技術者だからです。

仮に機械が機械を制御する世の中になったとしても、最終的な判断は必ず意思がある人間がやり続けるでしょう。他のランキングの職業が全て機械化、自動化されたとしても、それらを統率するプログラミング業は最後まで残り続けているはずです。

ITやプログラミングはこれからも残る!

インターネットテクノロジーや、それにも携わるプログラミング産業などは、仕事の形態の変化はあれども これからも残り続ける職業となるでしょう。

AI(人工知能)でなくなる仕事の特徴は?

AI(人工知能)でなくなる仕事の特徴①単純作業

ペンキを塗られた壁

なくならない仕事におけるAI(人工知能)でなくなる仕事の特徴の1つ目は、単純作業です。工場作業にも代表されるような「何のスキルが無い人でも大抵できる単純な作業」は、人間ではなくてもAIで充分になるでしょう。初期投資をかけてでも、将来的な人件費をカットしたいと思っているオーナーも多いはずです。

AI(人工知能)でなくなる仕事の特徴②危険な現場の作業

並べられた仕事道具

なくならない仕事におけるAI(人工知能)でなくなる仕事の特徴の2つ目は、危険な現場の作業です。高い場所や深海や宇宙など、作業員の命に関わるような現場の作業はいつしかAIに取り代わられていくでしょう。

その方が人間にとっても安全ですし、最終的なコントロールの基盤さえ作っておけば半永久的に動いてもらうことも可能になるでしょう。

AI(人工知能)でなくなる仕事の特徴③重労働の作業

仕事道具の入った箱

なくならない仕事におけるAI(人工知能)でなくなる仕事の特徴の3つ目は、重労働の作業です。重い荷物を運んだりなどのような過酷な作業もAIが担ってくれるようになります。AIを使った機械であればどんなに重いものでも持ち上げることができるようになりますし、仕事中の事故も減少することが見込まれます。

雇用の形も変わっていく!

AIを取り入れることで雇用は減少してしまうかもしれません。ですがそれと引き換えに新しい雇用を生み出すこともできるでしょう。

これからAI(人工知能)によってなくなる仕事・職業7選

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業①受付嬢

笑顔の受付

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の1つ目は、受付嬢です。いわゆる「会社や施設の花形」として活躍する受付嬢ですが、実際に行う業務内容はAIで充分すぎるほど賄われてしまいます。「機械でも充分な花形の存在」に疑問を感じ始めた企業から、受付嬢を撤退させていくでしょう。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業②オペレーター

電話をする女性

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の2つ目は、オペレーターです。声の認識をより高め、マニュアルを精密に網羅することで、電話オペレーターの存在意義は無くなります。

実際に今ですらも実際のオペレーターに繋ぐまでは録音音声であることも多く、それにAIが取り代わることも不思議ではありません。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業③レジ打ち

働く女性

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の3つ目は、レジ打ちです。セルフレジのスーパーも多い昨今、これらの計算を全てAIが行うことは全く不思議ではありません。現に「無人コンビニ」「無人スーパー」がメジャーになる未来も遠くないとされています。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業④データ入力

働く男性

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の4つ目は、データ入力です。調査フォーマットの規格を均一化することで、人間がそのデータを打ち込む必要は無くなります。最も適した形のリストをAIが出してくれるのなら、人間の無駄な労力もフィードバックも最初から必要無いのです。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業⑤カードの調査作業員

カードを持った人々

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の5つ目は、カードの調査作業員です。クレジットカードを作る時に本人の個人情報をブラックリストなどと見比べながら選定する仕事も、AIで補えます。むしろAIを使った方が今まで以上にミスも無く、ローンや融資もスムーズに行えるでしょう。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業⑥販売員

アパレルのショップ

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の6つ目は、販売員です。あなたの顔や体格や肌の色などをAIが識別し、完璧に似合う洋服などを見繕ってくれることも可能となるでしょう。人間の接客よりもAIの建設的な見解の方が、売上の数字を伸ばしていける日が来る可能性が高いです。

将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業⑦タクシー運転手

スマホを見る女性

なくならない仕事における将来AI(人工知能)によってなくなる仕事や職業の7つ目は、タクシーの運転手です。車の自動運転化も度々話題に上がりますね。その安全性さえ「絶対に大丈夫」とすることができれば、後は客が行き先を指定してお金を払うだけです。同じく、トラックの運転手などもAIに代わられていくでしょう。

AIと共に生活する未来は遠くない!

現在では「それもAIになるの?」と疑問を抱く職業もあるかもしれませんが、未来では何起きるか分かりません。少なくとも、レジ打ちなどの単純作業はほぼ必ずAIに代わられるとされています。

将来なくならない仕事についてもっと知ろう!

いかがでしたか?将来なくなる職業や残っていく職業などをご紹介しました!少し意外な職業もあったのではないでしょうか。日々進化し続けるAIや機械技術、私達の仕事もどれくらい残っているか分かりません。

手に職を付けて、もしもの時にでもフットワークを軽くしておく必要があるかもしれませんね。そして、そのためにも転職を考える人も多いかと思います。自分に向いている仕事を見つける方法を纏めた記事もありますので、こちらもぜひご参考ください!

Small thumb shutterstock 241064626
自分に向いてる仕事の見つけ方とは?適職がわからない/転職/職業

自分に向いてる仕事がわからないという人は、かなり多くいます。ここでは、適職の見つけ方や私にはどんな職業が良いのかという診断サイトなどを、詳しくご紹介してま...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。