mineoプリペイドはどこで買える?コンビニは?海外SIMも解説

 

プリペイド式のスマホの通信サービスの1つとして、mineoプリペイドがあります。支払った分だけ利用でき、利用まで少ない手続きで開通させられるサービスです。今回は、mineoプリペイドが買える場所や海外SIMなどについて解説します。

mineoプリペイドパックの特長

購入後、電話一本で開通手続き可能

mineoのプリペイドパックは、電話(186-0120-984-696)をするだけで開通手続きができます。通話料は無料で、音声ガイダンスに従って「ご利用番号」と「パスコード」を入力していくという方法です。

ご利用番号とパスコードはパッケージに記載されているので、間違いのないように確認の上入力しましょう。なお、電話での開通手続きは24時間年中無休で受け付けをしています。

販売店はamazonや店頭など

mineoプリペイドは、amazonや東京、大阪、名古屋などで営業している店頭などで購入できます。コンビニにも様々な種類のプリペイド商品が取り揃えられてはいますが、mineoのものはコンビニ販売されていないため、入手できません。店頭に出向いて購入することが困難な場合は、amazonで購入しましょう。 

月額サービスへの切り替えが可能

 
プリペイドでは、au版とdocomo版があり、通信容量が1GBで3,700円となっています。購入した分だけ利用できるというものですが、月額サービスへの切り替えも可能です。mineoのサービスが納得のいくものかどうか試したい、自身の利用するエリアでしっかりとつながるか確認したい、通信容量が1GBで1か月間足りるかどうか試したいなど、月額サービスを利用する前のお試しとしての使い方もできます。  

mineoプリペイドのデメリット

料金が高めでSMS・電話利用不可

mineoのプリペイドにおける主なデメリットは、料金が高め、SMSおよび電話が利用できないといった点です。mineoの月額プランを見てみると、データ通信と音声通話が可能なデュアルタイプであっても、10GBのものはauプランで3,130円、docomoプランで3,220円となっています。それに対して1GBであるプリペイドは3,700円ほどであるため、割高と言えるでしょう。

SMSが使えないという点も、デメリットとして挙げられます。SMSとはメッセージをやり取りする機能で、メッセージのみならず様々なサービスへの登録の際の認証にも使用されることがあります。

また、電話も利用できません。代わりにLineをはじめとする他の通話サービスを利用するという方法もありますが、電話番号を持ち、それを使って電話をしたいという場合には対応できないのです。  

追加でチャージすることは不可

月額サービスであれば、通信容量を使い切ってしまっても追加で購入ができます。しかし、プリペイドでは同様のことはできません。月額契約で再度契約をするか、またプリペイドを購入するという方法のみです。

長期にわたってプリペイドでの利用を続けたいという方は、通信容量を使い切るたびに3,700円ほどの同じプリペイドを購入していく必要があります。店舗が近くにない場合は、予備でもう1つあらかじめ購入しておかなければ、新しいものが購入できるまでの間はサービスの利用ができないのです。 

mineoプリペイドの海外用とは?

ヨドバシ等のWEBや店頭で購入可能

日本国内で利用できるプリペイドは、先述の通りau版かdocomo版となっています。しかし、海外での利用もできるプリペイドもあるのです。

購入できるのは全国のヨドバシの店舗やmineoの店舗、WEBになります。ヨドバシやmineoの店舗で購入する場合は、あらかじめmineoの海外プリペイドSIMのページで取り扱いがあるかを確認しておきましょう。

スマホそのままでチャージもOK

mineoの海外用のプリペイドは、国内用とは違って通信容量のチャージができます。何度でも行うことができ、スマホもそのままで良いのです。SIMそのものにも有効期限がありません。

さらに、電話サポートも日本語で対応してもらうことができ、対応している国も100か国にも及びます。そのため、容量が足りなくなったらチャージをしつつ、複数の国へ渡航しながら利用できるのです。

また、最初の時点で30MBの容量がチャージされています。これを使って、事前に日本で出発前にSIMの各種設定ができることも特色の1つでしょう。

他にも挙げられる点として、「高額請求の心配がない」ということもあります。大手通信会社などでは、設定をオンにすることで「データローミング」というサービスが使えるようになっています。

このデータローミングは海外でも変わらず通信サービスを利用できるものですが、パケットの定額制が適用されません。このことから、帰国後に数十万円~数百万円もの通信料を請求されるトラブルが相次いでいます。これに対しmineoの海外用プリペイドは前払いでSIMが届く仕組みであるため、高額請求の心配がないのです。

まとめ

mineoのプリペイドはお試しで使えるといった気軽さや、海外旅行後の高額な通信料の請求の防止といったメリットがあります。一時的に通信サービスを利用したいという場合にも利用できるので、mineoプリペイドは様々なシーンで役立つサービスであると言えるでしょう。

関連記事

おすすめの記事

全記事一覧