オウム返しの意味や心理は?同じ言葉繰り返す人との会話の方法や対処法も

オウム返しをする人っていますよね。ここでは言葉の意味や、会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理について、ご説明して参ります。また、幼児的なオウム返しをする人への対応法や、ならない返し方についても、あわせてご紹介して参ります。

オウム返しの意味は?心理も

オウム返し意味とは「相手と同じ言葉で表現する」

相手と同じ言葉で表現する

『オウム返し』とは、「相手と全く同じ表現方法で、言葉を繰り返す」という意味です。例えば仕事などで「これを記入して、人事に提出してください」と伝えたとしましょう。すると、相手は「これを記入して、人事に提出するんですね」と返す、ということです。あまりにこのような事が続くと、相手を苛立たる原因になります。

オウムは人間が繰り返し同じ言葉を言っていると、それを真似て話し始めます。その言葉の遣い方や表現方法は、その人と全く同じです。これと同じことをする様子や、その人のことを指して、『オウム返し』と言います。

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理①うざい

うざい

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の1つ目をご紹介いたします。それは『うざい』ということです。話しかけられることが、「うざい」と感じているのかもしれません。また、返事をする事に対して「うざい」と感じている可能性もあるでしょう。話しかけられたり、返事を考えたりすることがうざい場合はこのようになります。

返事を返すということに対しても、頭を使う必要があります。日頃から誰かと会話をすることがあまり好きではない場合には、話しかけられたということに対して苛立ちを感じている場合があります。すると、返事をすることに対しても苛立ちを覚える為、相手が使った言葉や表現方法と全く同じ方法で返事を返します。

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理②あなたが嫌い

あなたが嫌い

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の2つ目をご紹介いたします。それは『あなたが嫌い』ということです。嫌いな人に話しかけられると、苛立ちを覚えるでしょう。仮にそれが仕事でとても大切な内容であったとしても、「話しかける以外に、他に方法があるだろう」と思うこともあります。すると、返事をしたくなくなります。

あなたが使った言葉や表現方法と全く同じ形で返事を返すことで、その人が感じている不快感をあなたに伝えているのです。要するに「話しかけてこないで」ということです。人間には合う人と合わない人がいます。また、大人な対応ができる人ばかりとは限りません。思考が幼児っぽい人は、このような態度を取ることがあります。

人間嫌いな人の特徴や心理について、詳しくご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、あわせて、ご覧ください。

Small thumb shutterstock 350563409
人間嫌いな人の特徴は?心理や原因や生き方・向いてる職業や克服方法も

人間嫌いな人っていますよね。ここでは恋愛や仕事に焦点を当てて、特徴や心理について、ご紹介して参ります。また、人と関わらない生き方をしている人に向いている職...

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理③別の人にも言われた

別の人にも言われた

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の3つ目をご紹介いたします。それは『別の人にも同じことを言われた』ということです。人は違っていても、同じ内容のことを色々な人から何度も言われれば、誰でも嫌になります。相手が悪いわけではないのは、本人もわかっています。ですが、「また、その話か」と思ってしまうでしょう。

そんなうんざりした気持ちが、返事の仕方に表れている可能性があります。何度も同じ話を聞かされているのですから、返事をする事も面倒になってきます。ですが、返事をしなければ、また同じ話を最初から聞かされる可能性が高くなります。その為、相手と同じ言葉や表現方法を繰り返す、という返事の仕方になってしまいます。

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理④忙しい

忙しい

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の4つ目をご紹介いたします。それは『忙しい』ということです。仕事が山積み状態の時には、1分でも1秒でも時間が惜しくなります。また、仕事をたくさん抱えている時は、いつも以上に集中力が必要になります。そんな時に話しかけられると、集中力が途切れて苛立ちを覚えます。

相手の仕事の量を確認してみましょう。明らかに忙しいそうだと感じた場合には、話しかける前に一声断りを入れた方が良いでしょう。大切な内容だからということを相手に伝えた上で、相手の都合がついた時に声をかけてもらうようにしましょう。すると、相手は仕事の合間を縫って、あなたに声を掛けてくれるでしょう。

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理⑤イライラしている

イライラしている

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の5つ目をご紹介いたします。それは『イライラしている』ということです。ストレスが溜まっている時は、誰かにそのストレスを発散させたいと思うケースがあります。本来なら自分で解消させることが良いのですが、あまりにストレスが溜まりすぎていると、誰かにぶつけたくなるのです。

相手が使った言葉と同じ表現方法で返すことで、多くの人は怒るでしょう。怒りの感情はどれだけ抑え込んでも、相手に伝わりやすいものです。相手を苛立たせて、自分のストレスを発散させようとしているのかもしれません。相手を苛立たせた事で、自分が勝った気持ちになるのです。勝った気持ちがストレスを忘れさせるのです。

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理⑥気づいていない

気づいていない

会話中に同じ言葉を繰り返す人の心理の6つ目をご紹介いたします。それは『本人は気づいていない』ということです。会話の仕方として、その会話の内容がとても重要であった場合、相手の言葉を繰り返す、という方法があります。そうして、相手に確認するとともに自分自身でも確認して、間違いがないようにしているのです。

特に仕事上でのミスや失敗が多い人は、同じ言葉を繰り返す、という事をする傾向が強くなります。仕事上でのミスや失敗をして、相手や周囲の人たちに迷惑をかけてはならないと思っているからです。その為には、相手と同じ言葉を繰り返すこと確認する、ということが効果的です。この場合は、本人に悪気はまったくありません。

オウム返しする人への対処法・返し方も【対処法編】

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方①そういう人だと思う

そういう人だと思う

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の1つ目をご紹介いたします。それは『そういう人だと思う』という対応法です。幼児的なオウム返しをする人は、どこにでもいます。その人に注意して直ったとしても、別の人がそのようにする可能性もあります。自分を納得させられるなら、その方がお互いにとって良いのです。

また、失敗やミスを避ける為に、幼児的なオウム返しをしている可能性もあります。この場合は、失敗やミスを防ぐ為の本人なりの善後策なのです。失敗やミスをされるよりは、ずっと良いでしょう。そのように自分を言い聞かせることも、大切なことです。

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方②メモやメールを使う

メモやメールを使う

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の2つ目をご紹介いたします。それは『メモやメールを使う』という対応法です。このような事をする人は、言われたことを覚えていられない、という特徴があるかもしれません。メモやメールを使うことで、お互いにあとで確認することができる為、ストレスはなくなるでしょう。

また、メモやメールを使えば、言葉を交わす必要はなくなります。繰り返されるということをされる可能性もずっと低くなる為、あなた自身心穏やかでいられます。オウム返しは会話をすることで発生する事象です。会話をしない方法を取る、ということも一つの方法です。

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方③関わり合いにならない

関わり合いにならない

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の3つ目をご紹介いたします。それは『関わり合いにならない』という対応法です。どうしても苛立ちを抑えられない場合は、関わり合いにならないことです。合わない人はどこにでもいます。どうしても話しかけないといけない場合には、誰かに代わってもらうと良いでしょう。

オウム返しする人への対処法・返し方も【返し方編】

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方④言葉を増やす

言葉を増やす

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の4つ目をご紹介いたします。それは『言葉を増やす』という方法です。あなた自身の言葉を増やしましょう。言葉を増やすことで、相手とは別の表現方法で、話の内容を繰り返すことができます。違った言葉で繰り返せば、相手を苛立たせたり、怒らせたりすることはなくなります。

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方⑤一言断る

一言断る

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の5つ目をご紹介いたします。それは『一言断る』ということです。「確認の為に、今の内容を繰り返させて頂きますね」と一言断りを入れましょう。すると、相手を怒らせたり苛立たせたりすることはなくなります。

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方⑥注意してもらう

注意してもらう

幼児的なオウム返しへの対応法・ならない返し方の6つ目をご紹介いたします。それは『注意してもらう』ということです。自分では気づいていない可能性があります。周囲の人に声をかけて、注意をしてもらうようにすると良いでしょう。

オウム返しをする人は失敗やミスを避ける為の方法かもしれない

失敗やミスを避ける為の方法かも

オウム返しをする人の多くは、仕事でのミスや失敗が多いという傾向があります。そのようなことを避ける為に、相手の話の内容を繰り返しているのかもしれません。失敗やミスをされるよりは、ずっと良いでしょう。そのように考えると、苛立ちが治まるかもしれません。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。