クレジットカードが初めての学生でもOK!厳選4枚を大公開

 

初めてクレジットカードを作る時には、何を基準に選べば良いのか、どのカードが自分に合っているのかを判断するのが難しいものです。学生や新社会人で初めてカードを持ちたいという人のために、初めてのクレジットカードとしておすすめのカードやその魅力、今さら聞けないカードの基礎知識、カード発行の流れについて見ていきたいと思います。

初めての方におすすめのカードとその魅力


初めてクレジットカードを作る方でも作りやすい、特におすすめのカードは以下の4枚です。

楽天カード

楽天市場でお買いものをする方、賢くポイントを貯めて使っていきたい方にオススメのカードです。年会費永年無料、ポイントプレゼントなど入会時に嬉しい特典もあります。

SPUと呼ばれる、スーパーポイントアッププログラムは、条件をクリアすることで最大ポイント7倍になる嬉しいキャンペーンです。

条件としては、楽天市場で楽天カードを利用する、楽天アプリを使ってお買いものをする、楽天モバイルを利用するなど、ハードルが低めの条件ばかりとなっています。

楽天カードでポイントを貯めると決意したら、お買い物先はamazonでなく楽天に変更、お買い物時は楽天アプリから楽天モバイルの利用に切り替えるなど、普段の生活の中での選択を楽天カード中心に組み立てることで多くのポイントを獲得することができます。

楽天市場以外での通常使用にも1%ポイント還元となっています。

エポスカード

海外旅行に行く方、マルイグループでお買いものをする方にオススメなのがエポスカードです。年会費無料ですが、海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。保険の内容も充実しているので、海外旅行に行くなら持っておきたいカードです。

また、マルイグループで開催される年に4回のセール時に、10%割引が受けられます。hpのパソコン購入でポイント10倍などの優待があるので、それらの利用予定がある方にはエポスカードはオススメです。

三井住友デビュープラスカード

三井住友カードは認知度の高い銀行系のカードです。一般的に審査が厳しいという認識がありますが、初めてカードを作る学生や新社会人に向けて、デビュープラスカードというカードがあります。18歳から25歳限定で、初年度年会費無料、次年度以降も利用があれば無料になっています。

デビュープラスカード限定で、入会後3ヶ月間はクラシックカードと比べてポイント5倍、その後もずーっとポイント2倍という特典が付いています。合わせて入会時にキャッシュバックキャンペーンなども頻繁に行っているので、入会後すぐにしっかり使っていく、銀行系のしっかりしたカードを持ちたいという方にオススメのカードです。

26歳になった時にゴールドカードにランクアップできる、というのも嬉しいポイントのひとつです。クラシックカードを選択することもできます。

セゾンカードインターナショナル

日常生活でしっかり使っていきたい方にオススメのシンプルな定番カードです。

セブンイレブンやイトーヨーカドー、西友でお買いものする方はポイント優待がありお得です。また、nanacoへのチャージもできるので、コンビニ等での支払いにnanacoを使う方はお得にポイントを貯めることが可能です。

永久不滅ポイントで、ゆっくりじっくりポイントを貯めていくことができます。

学生や新社会人は特典が豊富

ポイントアップやポイント優待など、学生や新社会人の特典はしっかり獲得するとよりお得にカードを使用できます。

特典目当てにたくさんのカードを作ることはオススメしませんが、自分の生活パターンと合うか、利用する店舗の優待があるかどうか、といった点からカードを選択しましょう。

初めての方によくあるクレジットカードの疑問

そもそも、クレジットカードの魅力って何?

そもそもなぜクレジットカードを作る必要があるのか、その魅力とは何なのか。人によって魅力に感じるポイントはそれぞれですが、主に以下のようなメリットがあります。

1.ポイントが獲得できること

例えば還元率1%のカードで、月に5万円、年間60万円の支払いをした場合、6000円分のポイントが貯まります。現金で支払った場合は0円ですから、その差はとても大きいです。ポイントアップ時にお買いものするなどの工夫を行うことで、よりお得にポイントを貯めることもできます。

月単位で考えると小さいですが、年単位、5年、10年で考えると、銀行に預ける利息よりもお得にポイントが還元されますので、大きなメリットといえます。

2.ネットショッピングで手数料なしでスムーズに会計ができること

ネットショッピングの際にクレジットカードを使わず代金引換や銀行振り込みで支払いをすると、300円以上の手数料がかかります。また、銀行振り込みの場合は入金の確認がとれてから発送されるため、その分商品が届くまで時間がかかります。

その点、クレジットカードで支払うと手数料もかからず、入金確認もなく発送されますのでスムーズで便利です。

3.分割払いなどを活用して現金一括では難しいものにも手が届くこと

計画的な利用は大前提ですが、一括で支払うことが難しい金額のものでも分割払いを利用することで購入できることができるようになります。

分割手数料がかかるのでお得な利用方法ではありませんが、可能性を広げてくれるという点は大きなメリットです。

4.コンビニで小銭のやりとりをせずスムーズに会計できること

コンビニでのカード支払いは、サインレスでスムーズに会計できるので便利です。煩わしい小銭のやりとりを省いて、スムーズな買物が可能です。

5.家計の管理がしやすくなること

クレジットカードで支払いを行うと、ご利用明細という形で日々のお買いものがリストとなります。レシートを集めて家計簿に集計するよりも手間がかかりません。また、家計簿アプリと連動してお金の管理をすることも便利です。

6.クレジットヒストリーができること

クレジットカードを利用し、毎月の支払日にしっかり返済することを繰り返すことによって、クレジットヒストリーというものが構築されます。

これは今後新しいカードを作る時の審査や、カード更新時の審査、利用限度額を上げたい時、またローンを組む時などに、しっかりと返済能力があるかどうかを判断するための指標になります。

しっかりとクレジットヒストリーを積むことによって信頼度合いが上がり、将来ゴールドカードやプラチナカードを持ちたくなった時にもスムーズに審査を通過できる、という仕組みになっています。初めてカードを作ったら、極力支払い日に遅れないよう、計画的に利用してしっかり返済することを心がけましょう。

クレジットカードって無料で作れるの?

クレジットカードを作るために必要な費用は、年会費のあるなしによって変わります。その他入会金やカード発行手数料などはほとんどのカードでかかりませんので、年会費無料のカードは、カードを持つために必要な費用はありません。

年会費がかかるカードは、よりお得な還元率になっていて、一定以上の金額を利用することで年会費無料のものよりお得になるパターンがあります。

初めてクレジットカードを作るのであれば、まずは年会費無料のものから始めて、クレジットヒストリーを積んで信用度合いが上がってから、年会費を支払ってよりお得な活用をする、という流れがオススメです。

未成年でもクレジットカードを作れるの?

未成年でも18歳以上の方はクレジットカードを作ることができますが、親権者の方の同意が必須です。25歳以下限定のカードや、学生専用のカードなど嬉しい特典の付いたカードもあります。

また15歳以上であれば、口座から即時引落しされる「デビットカード」を持つことができます。

クレジットカード作成に必要なものとは?

クレジットカードを作る時に必要なものは主に、身分証明書と銀行口座の2点です。未成年の方は親権者の同意も必要です。

1.身分証明書

本人確認の為に必要です。運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・パスポート・写真つき住民基本台帳カード・学生証・外国人登録証明書のいずれかを提出します。

カードによっては、健康保険証など顔写真の無いものには公共料金の領収書などを加えて添付することが必要な場合もあります。

学生の方は学生証以外のもう1点を合わせて提出する必要があります。

2.銀行口座

クレジットカードの利用分を引き落としするための銀行口座が必要です。メガバンクかゆうちょ銀行の口座があれば問題ありません。

ネットバンクしか持っていない、口座を持っていないという方は、メガバンクかゆうちょ銀行の口座を開設して用意しましょう。銀行口座の番号と、印鑑が必要になります。

クレジットカード発行のためには審査を通過する必要がある


クレジットカードを作るために申込みをしても、審査によってカードを作れなかった、ということもあります。

クレジットカード発行の流れをチェック

クレジットカードをインターネットのサイトから、もしくは店舗や銀行にある書類を記入、それを郵送して申し込みを行います。

申込書がカード会社に届き、申込者にカードを作ってもいいかの審査が行われます。審査に通れば、郵便でカードが届きます。店舗で受取ができるものもあります。

クレジットカードの審査って何?

クレジットカードの審査とは、申し込み者に返済能力があるかを判断するものです。初めてのクレジットカードとして推奨されているカードでは、それ程厳しい審査ではありませんが、上級のカードになると、審査はかなり厳しくなってきます。

判断の基準は、今までのカード利用歴、携帯電話の分割払いの支払歴、ローンの支払い歴、延滞することなく返済しているかというクレジットヒストリーや、申し込み書の内容に不備が無いか、年齢や年収、他社での借り入れが多すぎないかなどです。

今までのカード利用に大きな問題がなく、自分の社会的地位、年齢、年収に合ったカードを選んで申し込めば、問題なく通過することができるでしょう。

まとめ

初めての一枚におすすめなクレジットカードについて見てきました。カードのデザインやCMの雰囲気も大きな判断基準になりますが、自分がどんな目的でカードを持つのか、ということを前提に自分に合うカードを探しましょう。インターネットで口コミや評価なども見られますので、しっかり吟味して初めてのクレジットカードをしっかり活用していってください。

関連記事

おすすめの記事

全記事一覧