LINEモバイルの店舗って?東京や大阪は?店舗でできることも紹介

2016年にMVNOへ参入したdocomo回線の格安SIMを提供するLINEモバイルでは、2017年3月から即日受渡しカウンターが開設されました。LINEモバイル店舗の気になる詳細や、インターネット申し込みとの違いをピックアップして紹介します。

ラインモバイルの店舗とは?

ビックカメラやヨドバシ内にある

   大手家電量販店や一部の携帯販売店に専用スペースが設けられ、エントリーパッケージ(後述)や即日開通が可能なSIMカードが同梱されたパッケージが販売されています。 SIMパッケージを取り扱う店舗では、店員の説明を聞きながらの新規契約や、MNP(他社からの乗り換え)転入の申し込みが可能です。

即日開通は限られた店舗のみ

LINEモバイル取り扱い店舗のうち、即日開通カウンターがある店舗のみ対応できます。2017年の即日開通カウンター開設当初は全国で東京、大阪、名古屋、横浜の10店舗のみの展開でしたが、全国に即日対応店舗は増えてきているので公式HPにてご確認ください。 公式HPの店舗一覧ページにはエントリーパッケージのみ、というマークが付いたものがありますが、そのマークが付いている店舗では契約申し込みができません。エントリーパッケージを購入できる店舗、という意味合いが込められています。

エントリーパッケージとは?

購入することで事務手数料がお得に

店舗やAmazonなどでエントリーパッケージを購入すると、エントリーコードが入手でき、インターネット契約申し込み時に入力することで登録事務手数料が無料になります。登録事務手数料に比べおよそ1/3程度で購入できるので、初期費用の節約が可能になります。 初期費用を格安にできる一方で、使用する際の注意点もあるので紹介します。入力ミスで審査が落ちた場合や、入力途中で接続が切れてしまった場合など不測の事態が起こっても、一度入力したコードは再度入力することができません。 3か月程度の利用期限も設けられており、利用期限が過ぎてしまうと使用不可になります。また、キャンペーンを併用する際、キャンペーンによってはエントリーコードを使用すると適用外になってしまう場合もあるので、キャンペーン適用条件に目を通しておきましょう。

店舗申し込みでの注意点 

エントリーパッケージが使えない

LINEモバイルのエントリーパッケージは、インターネットで申し込む場合の割引として提供されている商品です。店舗で契約申し込みをした場合はエントリーコードを使用できず、通常の契約申し込み時と同様に登録事務手数料が発生します。 契約申し込みができる店舗でも、インターネット契約申し込み者に向けてエントリーパッケージの販売を行っています。店舗で契約申し込みをする場合は不必要に購入しないように注意しましょう。

WEBキャンペーンが適用にならない

新規会員獲得にむけてキャンペーンを開催しているLINEモバイルですが、その中にはWeb申し込み限定のキャンペーンもあります。店舗で契約申し込みをするとWebキャンペーンは適用外になりますので、事前に利用できる条件であるかを確認してください。

ネットと店舗、どっちがおすすめ?

店舗は時間に余裕がある人向け

    店舗数もスタッフの人数も大手キャリアなどに比べると少ないので、その分待ち時間が長くなる傾向があります。時間に余裕があり、かつ、インターネットでの契約に不安がある方には向いている店舗契約ですが、まさに一長一短です。 即日開通の場合でも先着受付順で、当日の混雑状況次第では受付が早期終了することもあります。確実に即日開通したいのであれば、開店時間に近いタイミングで来店するのが吉でしょう。 早急に必要という場合を除いては、インターネットでの契約申し込みの方が自分のタイミングで申し込みできることから、手間や時間を考慮すると店舗契約でのメリットはあまり望めません。

ネットは申し込みから届くまで2日程

  インターネットで契約申し込みをする場合、申し込み内容に不備がなければ手続きから2日程度でSIMカードが到着します。急速に必要な場合を除けば、店舗受付と所要日数の差はほとんど発生しないことが多いです。 MNPでLINEモバイルに転入する場合は、MNP元キャリアの解約や、LINEモバイル利用開始の際に手続き方法を2通りから選択できます。1つはLINEモバイルに一任する方法で、SIMカードが届くとすぐに使えますが到着日数が長くなる場合があります。もう1つは、自身で手続きをする方法です。 自宅で手続きを行うと、手続き終了まで数十分程度モバイルインターネット回線が使えない状態になります。ただし、SIMカード到着までの2日程度の時間的猶予があれば、手続き開始まで元回線を使用できるので実質即日開通が可能になります。

まとめ

LINEモバイルの店舗では、一部の対応店舗のみ対人で契約申し込みが可能です。不明点などがある場合は、その場で確認できる安心の店舗契約もおすすめです。キャンペーンを始め諸々の適用条件を事前に確認し、初期費用だけでなく月額料金の割引などうまく使うことで大きな節約効果が生まれます。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。