セディナカードのキャッシング完全版!海外ATMや金利等の特徴は?

お金が急遽必要になった際に役立つキャッシング。数あるクレジットカードの中でも、セディナカードのキャッシングは海外ATMでも利用できて便利です。今回は、セディナカードのキャッシングについて、利用枠や金利などの特徴を徹底解説します。

セディナカードのキャッシングの特徴

セディナカードを持っている方の中には「ショッピングに使ったことはあるけれど、キャッシングは使ったことがない」という方もいるのではないでしょうか。セディナカードのキャッシングの特徴を解説します。

近くの提携ATMやCDで利用できる

セディナカードのキャッシングは、CedynaまたはOMCマークが目印の提携ATM、CD(キャッシュディスペンサー)で利用可能です。なお、1万円以下の利用で100円(税抜)、1万円超は200円(税抜)の手数料が掛かります。

キャッシングの利用可能枠について

複数枚のカードを持っていたとしても、キャッシングの利用可能枠は変わりません。つまり、照会したキャッシングの利用可能枠は、すべてのカードの合計額です。利用可能枠の照会は、「カードご利用代金明細書」または、会員専用インターネットサービス「OMC Plus」にて確認できます。

キャッシングの手数料と利率

キャッシングの手数料は利用した翌日から日割り計算で算出されます。利用金額に実質年利を乗じて、その結果を365で割り、利用翌日から支払日までの経過日数を乗じることで、利息が計算可能です。まとめると、「利用金額×実質年利÷365×利用日翌日から支払日までの経過日数=利息」となります。

無人ATMの返済は1,000円単位

無人のATMを利用して返済する場合は、1,000円単位での返済となります。ただし、無人ATMは定期的にシステムメンテナンスを行うため、メンテナンス中は利用が停止します。メンテナンスは毎日行われ、夜23:45~翌日0:10までです。 また、毎週日曜日夜21:00~翌朝9:00、毎月7日夜23:45~9日朝9:00までメンテナンスが行われます。無人ATMを利用して返済をする方は、メンテナンスの時間帯をしっかりと把握しておきましょう。

海外キャッシングのメリットと注意点

キャッシングは、急にお金が必要になったときはもちろんのこと、現金の持ち運びを少なくできるため海外旅行で便利です。海外でのキャッシング利用のメリットとデメリット、注意点を解説します。

海外のATMが利用できる

セディナカードは、海外のATMで24時間365日いつでもキャッシングが利用できます。海外旅行は観光客が盗難などの被害にあうことが多いので、お金はしっかり管理しなくてはなりません。しかし、多額の現金を持ち歩いていたのでは、どんなに気をつけていたとしても、安全とは言えないでしょう。 キャッシングを利用することで持ち歩く現金が少なくなるため、安全性が確保されるばかりか移動も手軽になります。セディナカードのキャッシングが利用できるATMは、VISAかMastercard、JCBのいずれかのマークが目印です。

海外利用での利息の計算方法

利息計算をする際は、利用金額を日本円に換算することが必要です。日本円に換算した利用金額に実質年率を乗じて、さらに利用日翌日から支払い日までの日数を乗じます。そして、最後に365で割って算出された数字が利息です。 計算式は「日本円に換算した利用金額×実質年率×利用日翌日から支払い日までの日数÷365=利息」となります。

海外キャッシングの返済について

海外でキャッシングを利用した場合に発生する返済額は、実際の利用額とは異なる場合があります。これは、レートの換算日が利用日でないことが理由です。利用日と請求日で円換算したときの金額が異なる場合があります。

ローンカードでは利用できない

注意しなければならないのが、海外でのキャッシングの場合、ローンカードでは利用できない点です。国内で契約したローンカードは、国内でのみ利用可能になります。海外旅行等でお金が必要な場合は、あらかじめ日本国内で借りておかなくてはなりません。

キャッシング増額や返済の手続きとは

キャッシング枠の増額、返済の手続きはインターネットにて簡単に行うことができます。インターネット上からキャッシング枠の変更申し込みをする場合、「OMC Puls」から行います。OMS Pulsにログインし、「ご利用限度額変更」からキャッシング枠の変更を申し込むことが可能です。 なお、キャッシング枠増額など、キャッシング枠変更の場合は電話でも手続き可能です。セディナの「アンサーセンター」から申し込みできますが、カードの情報が必要になるため、手元にカードを用意しておきましょう。

繰り上げ返済や返済額の変更

リボ払いなどで長期的に毎月小額を返済している場合、まとまったお金が手に入ったときに返済しておくことで、後々の負担を減らせます。繰上げ返済と返済額の変更には3つの方法(電話・ネット・ATM)があります。 ひとつは電話での入金手続きです。「アンサーセンター」に電話を掛ければ、そこで入金先、金額の案内がされます。もうひとつは、インターネットで返済額の変更をする場合は、インターネット会員専用サイトの「OMC Puls」から手続きが可能です。 最後は、ATMでの返済額変更の手続きです。全国の提携金融機関のATMまたは、Loppiで返済できます。ATMによっては、振り込み手数料の掛からないものもあるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

セディナカードのキャッシング利用可能枠は「ご利用代金明細書」または、「会員専用インターネットサービス(OMC)」にて確認できます。キャッシングは海外でも利用できますが、そのメリットとデメリットを把握した上で利用することをおすすめします。 セディナカードについては、こちらの記事もご覧ください。 [blogcard url=”https://cktt.jp/5494”] [blogcard url=”https://cktt.jp/747”]

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。