NURO光が遅いとき設定や対処法まとめ!問い合わせ先も紹介!

NURO光は、So-netの光ファイバー網を利用した通信サービスを提供するブランドです。この記事では、NURO光を利用していて、通信速度が遅いときの原因を確認する方法や、その対応方法について説明します。

NURO光が遅い!まず確認すべき事

NURO光の速度の意味について

NERO光の通信速度は下り最大2Gbpsと宣伝しています。下りというのはダウンロードの速度を表し、上りはアップロードの速さを表しています。そして、2Gbpsという数字はベストエフォートの数値(ベストエフォート値)です。 ベストエフォート(Best Effort)とは「最大の努力」という意味で、宣伝している通信速度を維持できるように努めますが、実際は提示している通信速度を保証することはできません、ということです。NURO光の通信速度は、利用している地域・屋内配線・通信ルータの状況・LAN配線の種類・パソコンのLANポートの能力など、様々な要因で落ちていくことになります。

通信速度測定システムで計測しよう

NURO光で通信速度を測定してみた結果は、こちらのリンクを参照して下さい。 光ファイバー・インターネット回線速度の計測NURO こちらの測定結果を見ると、自分の現在の通信速度を数字で見ることができます。NURO光の通信速度が遅くなっている場合には、周辺機器の接続状況を確認してみましょう。ちなみに、NUROを検討中の方も、こちらのページで使用する予定の地域の通信速度を調べることができます。

LANケーブルの「カテゴリー」を確認

LANケーブルのカテゴリーは通信速度に影響します。一般的に流通しているLANケーブルは「5」「5e」「6」「7」がありますが、数字が大きいほど速い通信速度に対応できる規格になっています。使用用途によって「7」は性能が過剰なこともあり、「5」では通信速度に不満がでるかもしれません。現在使用しているLANケーブルのカテゴリーを確認し、通信が遅いと感じる場合は、カテゴリーの値を上げてみましょう。

パソコンのLANポートを確認する

利用しているパソコンのLANポート(LANケーブルの差込口)も通信速度に影響を与えます。LANポートの規格は水道の蛇口のようなもので、「10BASE-T」「100BASE-T」「1000BASE-T」(数字が大きいほどデータ転送量は大)、などがあります。 NURO光で高速通信をするためには、LANポート(LANケーブル差込口)が「1000BASE-T」に対応している必要があります。古いパソコンの場合には100BASEが主流になっていることが多いので、これが速度低下の原因になっている場合があります。パソコンのLANポートの確認方法は以下の通りです。 取扱説明書が手元にある場合
取扱説明書がある場合は、取扱説明書にある仕様一覧の中のLANの項目に「1000BASE-T」と書かれていれば対応しています。 Windows7の場合 Windows7の場合は、「スタートボタン」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」>「ローカルエリア接続」をクリックして進み、ここで速度欄に1Gbpsの表示があれば「1000BASE-T」に対応しています。 Windows XPの場合 WindowsXPの場合は、「スタートボタン」>「マイコンピュータ」>「プロパティ」タブの「ハードウェア」>「デバイスマネージャー」>「ネットワークアダプタ」をクリックして進み、ここで「1000BASE-T」や「Gigabit」などの表示があれば「1000BASE-T」に対応しています(ただし表示されている内容だけでは分からない場合もあり)。 Windows VISTAの場合 WindowsVISTAの場合は、「スタートボタン」>「マイコンピュータ」>「デバイスマネージャー」>「ネットワークアダプタ」をクリックして進み、ここで「1000BASE-T」や「Gigabit」等の表示があれば「1000BASE-T」に対応しています(ただし表示されている内容だけでは分からない場合もあり)。

NURO光の工事が遅いケースもある

NURO光の回線自体の話ではなく、ここではNURO光の工事についてまとめます。NURO光がなかなか開通しない、と感じている場合、その理由としては大きく2つに分けられます。 まず、NURO光は工事が2回行われることが挙げられます。So-netが行う宅内工事と、NTTが行う屋外工事の2段階となっており、宅内工事はスムーズに終了することがあっても、屋外工事がなかなか終了しない(日程が決まらない)、というケースがあるようです。 また、工事の日程調整に時間がかかってしまうことも挙げられます。工事は予約制となっており、工事中は立ち合いが必要なのでどうしてもスケジュールが合わないことがあります。日程の調整をメールや電話で行っているうちにどんどん日程が埋まってしまい、結果として工事日程が遅れてしまうことに繋がるようです。 工事が遅くならないようにするためには、So-netからの連絡(メールや電話)などを見逃さず、すぐに返事をすることが大切です。NTT側などで日程調整ができ次第、連絡が来るようになっているため、メールが埋もれてしまうことのないよう気を付けておきましょう。また、土日だけを工事の候補日にしていると、どうしても先になりがちです。平日の工事でも大丈夫であれば、平日で検討してみましょう。 NURO光の特徴については、こちらの記事をご覧ください。

無線LANでNURO光が遅い時

無線LANルータの設定を確認する

無線LANのルータの規格には「a」「b」「g」「n」の4種類があります。使っているパソコンの利用機器は、Windows10の場合であれば、以下の方法で確認することができます。
  1. 「Windows」キー+「X」キーを押してシステムメニューを表示
  2. 「コマンドプロンプト(C)」を選択
  3. 「コマンドプロンプト」の起動
  4. 「netsh wlan show interface」と入力
  5. 「Enter」キーを押す
  6. 無線の種類に表示されている文字を確認
NURO光では「n」を採用していますので、確認してみた結果「n」以外の規格だった場合、可能であれば設定を「n」に変更してみてください。

ノイズの発生源がないか確認する

NURO光をマンションタイプで利用する場合、ノイズ・電磁波等の影響を受けやすい電話回線を使っている場合があります。この場合は通信速が低下する可能性があります。

夜は無線LANが混雑しがち

利用者が増加する夜間は、通信速度が低下する可能性があります。サイズの大きなファイルや動画をダウンロードする場合、利用者で混雑するような時間帯を外す、というのも1つの方法です。

周辺機器や端末でNURO光が遅い時

ONUやパソコンの電源を入れ直してみる

ONU(光回線終端装置、Optical Network Unitの略称。光ファイバー・ネットワークに接続し、光信号と電気信号の変換を行う装置)や、パソコンの電源を入れ直してみることで、通信速度が回復する可能性があります。 NURO光のONUに関しては、こちらの記事をご覧ください。

古いパソコンを使っているか確認を

パソコンが古い場合、パソコンの処理能力に問題があって処理速度が遅くなっている場合があります。パソコンのOSが「Windows95」「Windows98(SE)」「Windows ME」「Macintosh OS 9」といった場合は注意が必要です(2018年現在)。

ブラウザのキャッシュクリア・アップデート

ブラウザのキャッシュが溜まっている場合は処理速度が遅くなるため、キャッシュのクリアやアップデートが必要になります。方法はブラウザによって異なるので調べてみてください。

それでも遅い!問い合わせ先とは?

NURO光の通信速度が遅い場合は、前述した対処方法を実行してみて、もう一度処理速度を測定してみましょう。それでも通信速度に改善が見られないのであれば、NURO光のサポートに問い合せてみてください。原因の究明から対処法までをサポートしてくれます。 NUROサポートデスク 0120-65-3810 受付時間9:00~18:00 (1月1日、1月2日、メンテナンス日は除く) 問い合わせの際には、入会証を手元に用意した上で電話するようにしてください。

まとめ

最大で下り2Gbpsの通信速度を宣伝しているNURO光ですが、前述したような理由で速度が遅くなっていることが考えられます。理由に応じた対策を試してみて、処理速度が回復するかどうかを確認してください。どうしても速度が戻らない場合にはサポートに相談してみましょう。 こちらの記事もおすすめです。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。