wifiパスワードを確認するには?解析方法や変更のやり方も紹介

 

インターネット接続を手軽に行えるwifiは、便利ですが接続がやや面倒なときがあります。とくにパスワードが分からず、うまく接続できないとお困りの方も多いでしょう。そこで今回は、wifiのパスワードを忘れてしまったときの手段をご紹介します。

wi-fiパスワードの確認方法

wifiに接続するためには、パスワードを入力する必要があります。もしパスワードが分からないときには、どうしたらいいのか、マニュアルがある場合とない場合それぞれ説明していきます。

ルーターのマニュアルがある場合

ルーターを購入したときにはセットアップカードやマニュアルが付属されます。もしパスワードを忘れてしまったのなら、マニュアルを確認すれば設定されているパスワードを確認することができます。

ルーターのマニュアルがない場合

wifiのマニュアルがなくとも、ルーター本体を調べればパスワードを調べることが可能です。製品のメーカーによって表示箇所は異なりますので、もしパスワードを忘れてしまったときのために事前に調べておきましょう。

基本的には、本体の側面に記されいる8桁の数字が認証キーとなります。もし、接続できなかったときは、有線ケーブルを使って直接管理画面にアクセスしましょう。そうすれば、新しいパスワードを設定することが可能なので、変更すればwifiを使うことができるはずです。

同じwifiに接続した機器がある時

スマホやパソコンなど、様々な端末でwifiを利用することが可能です。

もしスマホで接続しようとしてパスワードを忘れてしまったのなら、パソコンのプロパティでパスワードの確認をすることができます。ホーム画面でスタートボタンを押すと、検索ボックスが表示されるので「コントロールパネル」と入力しましょう。

「ネットワークと共有センター」を探しましょう。そこで現在接続しているSSIDが表示され、「ワイヤレスネットワークのプロパティ」をクリックするとパスワードが分かります。開いたときはパスワードが「●」状態で表示されるため、「パスワードの文字を表示する」をクリックすれば明確になります。

なお、モデムやルーターがよく分からない場合は、こちらをご覧ください。

完全に分からない・忘れたという時は

いずれかの方法でもパスワードが分からないときにはどうすればいいのか。説明していきます。

ソフトを使って解析してみよう

「WirelessKeyView」というフリーソフトを使うことで、無線LANのパスワードを調べられます。ダウンロードして起動するだけでキーが表示されるため、メモ帳などにコピーして保存しておけば、いつパスワードを忘れても心配ないでしょう。

スマホ等で確認するには?

wifiのパスワードは、スマホで確認するという手段もあります。具体的にどのように確認すればいいのか、見ていきましょう。

iphoneやipadで確認する

iphoneやipadを使っている方がwifiのパスワードを調べる方法ためには、iPhoneの設定を起動し、接続中のwifiを選んでIPアドレスを取得。その後アドレスを検索欄に貼り付け、ルーターログイン画面に入りましょう。

ログインすることができたらwifiのパスワードを確認できます。また、Macを使用しているなら、windowsと同じくパソコンからパスワードを調べるという方法もおすすめです。ただし、一度wifiに接続していることが条件となるため、注意しましょう。

androidで確認する

android端末でwifiのパスワードを確認するには、ホーム画面の設定をタップし、「無線とネットワーク」を選択。一度wifiのスイッチをオフにして、オンに切り替えるときにSSIDを長押しすると確認できます。

なお、各種スマホがwifiに繋がらない、と感じている場合はこちらをご覧ください。

無線ルーターのパスワード変更方法


wifiのパスワードを変更したいというときにはどのようにすればいいのか、説明していきます。変更するときは、なるべく忘れにくいパスワードにするのが有効です。また設定した後にパスワードを控えておくのも忘れてはいけません。

バッファローの場合

どうしてもパスワードが分からないときに有効な手段であり、新しいパスワードを設定し直すことになります。バッファロー製品のルーターを設置しているなら、ユーザー名とパスワードをそれぞれ「admin」、「password」と入力してログインしましょう。

設定画面に進行したら、「無線LAN」を選んで暗号化キーを変更して新しいパスワードを設定します。操作が完了したら切り替わりますので、再び正しいパスワードでログインすれば解決できるはずです。

ELECOMの場合

ELECOM製品のルーターを使用している方は、ユーザー名もパスワードも「adimin」と入力してログインしましょう。adminは管理者のIDになるので、緊急手段として覚えておくことが大事です。

ログインできたら、「無線LAN」設定、「セキュリティ設定」、変更したい電波の名前の選択と進めます。「WPAプレシェアードキー」を選択し、共有フォーマットを選んでから新しいパスワードを入力していきましょう。

共有フォーマットには、8~63文字の設定になる「パスフレーズ」と64文字設定の「HEX」があるので好みのものを選んで入力します。パスワードを入れたら「適用」、「更新」とクリックすれば新しいパスワードに切り替えることが可能です。

なお、macやwindowsのwifiパスワードを変更したい場合は、こちらの記事がおすすめです。

まとめ

wifiのパスワードを確認する方法は、様々にあります。忘れないよう控えておくことが大事ですが、どうしても分からなくなってしまったら、パソコンやフリーソフトなどを活用して解決しましょう。最終的な手段は、パスワードを設定し直す、契約した会社に確認するなどが有効です。

関連記事

おすすめの記事

全記事一覧