自分に合うクレジットカードの選び方は?比較ポイントを解説

 

クレジットカードには様々な種類があり、人によってそれぞれ合うものが異なります。こちらの記事では、初めてクレジットカードを作るという方のために、自分にぴったりのカードを選ぶ方法をご紹介いたします。 何枚も作ったがどれか一つに絞りたい、という方もご参考にしてください。

クレジットカードを選ぶ際の比較ポイント3つ

年会費の金額で選ぶ

年会費はカードによって、無料のものから30,000円以上のものまで様々です。年会費有料のカードでも条件付きで無料になる場合もあります。初めは年会費無料のカードがオススメですが、年間の利用額や利用回数で無料になるカードも多くあるので、よく調べて作る必要があります。

ポイント還元率の高さで選ぶ

クレジットカードは一般に、利用額に応じてポイントが利用者に還元されます。通常0.5~1%前後、利用店によって2%付くカードもあります。カードによってはポイントが付いても、年会費の方が高くなる場合もあるので、こちらもよく調べて選びましょう。

よく利用するお店のクレジットカードを選ぶ

例えば、頻繁に利用するスーパーがある場合、そのスーパーが発行するクレジットカードで割引やポイント還元率の高いものを選ぶとお得になります。また、ネットショッピングでは会員用のカードを使うと、還元率が高くなることがあります。クルマによく乗る人は、ガソリンスタンドでの給油やETCの利用時にポイント還元率が高いカードを選ぶと、効率良くポイントが貯まります。

ほかにもある!得するクレジットカードの選び方

ポイントの使い道で選ぶ

貯まったポイントを使う時に「何に交換できるのか」も重要な点です。ポイントによって「商品」がもらえる場合もあれば、航空会社の「マイル」に交換できるものもあります。飛行機の利用機会が多い方なら、航空会社の「マイル」を日常のクレジットカード利用で貯めることも賢い方法と言えます。

優待特典で選ぶ

海外旅行が好きな方は、カード会員限定の優待特典にも留意しましょう。例えば、空港ラウンジの利用の場合、通常1回につき1,000円~1,500円の料金がかかりますが、会員は無料で使えるカードがあります。各社のゴールドカードなどステータスのあるカードで年会費はかかりますが、利用回数によっては元が取れます。

また、ホテルの空室探し、飛行機や新幹線のチケット予約、演劇やコンサートのチケット手配などを代行してくれるコンシェルジュサービスがあるカードもあります。「時間を数千円の会費で買っている」と考えれば検討の余地は十分にあると言えます。

国際ブランドの種類で決める

海外で便利に利用できるかどうかは、クレジットカードを選ぶ際の大きなポイントになります。欧米のホテルでは、カードを提示しないと宿泊することが難しい場合もあります。こういった場合、国際的に名の通っているカードを選んでおけば安心です。ほとんどのカード発行会社で提携カードを作ることが可能で、中国などの特定の地域に強いカードもあります。

セキュリティー対策で選ぶ

カードの不正使用が心配、という利用者も少なくありません。そういった方の場合、セキュリティーが強化されたカードを選ぶと安心です。顔写真入りのものを選ぶだけで不正利用の可能性を減らすことが可能で、またICチップ搭載のカードならスキミング(情報を不正に盗み取ってコピーのカードを作る犯罪)を防ぐことができます。

付帯サービスで選ぶ

盗難保険(クレジットカードを落としたり、あるいは盗まれたりなどして第三者に不正利用された場合に、その損失分を全額補償)、買物保険(カードで買った商品が壊れたり盗まれたりした時に補償)、旅行保険(旅行中に事故で負傷した場合に治療費、トラブル発生時に損害賠償費を補償)といった付帯サービスに注目してカードを選ぶ方法もあります。

旅行保険に関しては、「利用付帯」(そのカードで旅行費用を払った場合に保険適用)と「自動付帯」(そのカードを持っているだけで保険適用)の二種があります。年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯となるカードもあるので、海外旅行に行く際には調べる必要があります。

カードのデザインで選ぶ

日常的に使うカードは、気に入ったデザインを選びたいという方もいます。
数十種類のカードデザインから動物、風景、幾何学模様など好きなものを選択して作成できるカード、ご当地キャラクターや、ゲーム、アニメのキャラクターを選べるカードもあります。支払いをする時に、お店の人の反応を見たりするのも楽しみになるでしょう。

入会特典で選ぶ

入会申込をするだけで高額商品券やポイントが受け取れるなど、様々な特典があるカードがあります。期間限定で、入会+利用で数千円分のポイントがもれなく受け取れるキャンペーンを行っている例もあるので、調べてみる価値はあります。

学生向けクレジットカードの賢い選び方


安定収入がない学生でもクレジットカードの作成は可能です。数ある学生向けカードの中から、自分に合った特徴を知って賢く選びましょう。社会人になったら、そのまま継続か一般カードにステップアップするか、のどちらかを選べる場合が多いです。

学生限定カードは特典が豊富

学生に限定したカードには在学中の年会費が無料で、ポイントが通常より多く貯まるものもあります。コーヒーショップやコンビニ、ネットショッピングでの使用時に高い還元率を設定するなど、学生のライフスタイルに合わせた特性を設けているカードもあります。

リボ払い専用カードは慎重に

リボ払い(リボルビング払い)とは、利用金額を毎月一定額ずつ返済する方式です。限度額まではいくら使っても月々の返済額が変わりません。

注意しなくてはならないのは、金利が高いという点です。年利15%といった利率が一般的で、毎月の支払額は少なくても、返済が長期化すると思いがけない多額を支払うことになります。また毎月の支払額が一定のため、「どれだけ買い物しても大丈夫」と金銭感覚がルーズになる可能性があります。

通常のカードでもリボ払いは可能です。専用カードを選ぶ場合には、「どれだけ使うか」「返済できるか」を慎重に考えておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

クレジットカードの選び方のポイント、おわかりいただけたでしょうか。カードはうまく使えば、現金より安全・便利でお得なこともある、日常生活のパートナーになります。様々なカードの特徴を理解して、あなたにぴったりなカードをお選びください。

関連記事

おすすめの記事

全記事一覧