周りに友達が多い人の特徴11選!その人の性格や悩みについてもご紹介!

友達が少ない人からすると、友達が多い人はなぜたくさんできるのか不思議に思いますよね?そこで、友達が多い人の特徴を、同性や異性、男女問わず友達が多い人に分けてご紹介します。また、友達が多い人の性格や悩みもまとめたので、友達作りの参考にしてみてください。

周りに同性の友達が多い人の特徴4選

①面倒見がいい

教える女性

周りに同性の友達が多い人は、面倒見がいいという特徴があります。ここで言う面倒見がいいの定義は、お節介ということではなく、友達一人一人に合った行動できるという意味です。面倒見がいい人は他人の悩みでも親身になって聞いてくれるので、自然と周りの人から頼られます。

こうした特徴がある人は、同性に限らず友達が多いですが、距離感が近くなるので、異性の友達だと引かれてしまったり勘違いされてしまうこともあります。そのため、比較的同性の友達ができやすい性格と言えます。

②共感性が高い

励ます女性

同性の友達が多い人は、共感性が高いという特徴もあります。共感性が高いという定義は、他人の感情をまるで自分のことのように受け止められる性格を指します。このようなタイプは、誰かが苦しんでいたら一緒に苦しみ、それと同じように喜びも分かち合える人です。

共感性が高い人は、共通の悩みが多い同性の友達が多くなる傾向にあります。一見すると良い性格にも思えますが、共感性が高い人からすると、少人数とドライに付き合える人が羨ましいという声もあります。

③口が堅い

口に指を当てる男性

同性の友達が多い人は、全体的に口が堅い人が多いです。ペラペラと他人の秘密や約束事を話してしまう人は、知らぬ間に信用を失って人が離れていきます。そのため、たとえ浅い関係だとしても、友達が多い人は口が堅いことに対して信頼を置かれているということです。

特に女性同士の場合は、自分が悪口を言われていたり、変な噂をされているのではないかと気にする傾向にあります。そのため、女性で同性の友達が多いという人は、約束事がきちんと守れる人と見ることができます。

④正義感が強い

スーツの女性

同性の友達が多い人は、正義感が強く仲間思いな人が多いです。先ほど言ったように、同性の友達が多い人は共感性が高く、友達が悩んでいると自分も同じ目線で問題を解決しようとします。そのため、友達が誰かに苦しめられていると、共通の敵として自分もその人に立ち向かっていくというケースが多く見られます。

このような正義感が強いタイプは、友達が多くても浅い関係にはなりにくいです。しかし、あらゆる物事に首を突っ込んでしまうので、トラブルに遭いやすいタイプであると言えます。

周りに異性の友達が多い人の特徴4選

①空気が読める

女性と話す男性

周りに異性の友達が多い人の特徴は、まず空気が読めるということが挙げられます。同性の友達が多い人とは違い、異性の友達が多い人は他人と適度な距離感を保ちます。もちろん、そうではないという人もいますが、パーソナルスペースはきちんと守るという人が多いです。

これは、異性の友達の場合、距離が近すぎると友達以上の感情を抱いてしまいやすいということが一つの要因と言えます。そのため、お互いに友達のままでいたいがために、距離をいつまでも縮められず、浅い関係のまま親友ができないという悩みを抱えている人も多いです。

②聞き上手

談笑する二人

異性の友達が多い人は、聞き上手という特徴も見られます。特に、女性で聞き上手な人は、男性の友達が多い傾向にあります。きちんと話を聞いてくれる安心感から、自然と人が寄ってくるタイプです。

男性の場合は、聞き上手でなおかつ話し上手な人が、女性の友達が多いという特徴が見られます。話し上手な人は信用できないと思われがちですが、場を和ませる人が多いので、友達もできやすいです。

③清潔感がある

黒服の男女

異性の友達が多い人は、全体的に清潔感を意識している人が目立ちます。もちろん、清潔感がある人が好かれるのは、人間関係全般に言えることですが、異性の友達が多い人は特に、身だしなみや所作に気を使っています。

ここで言う清潔感の定義は、髪型や服装をTPOで合わせ、マナーがきちんとしている人のことを指します。そのため、毎日お風呂に入って髪や肌の手入れをしても、その場のムードに合わせて自分を変えることができない人は、幅広い層の友達はできにくいです。

④心が広い

グッドサインをする人たち

異性の友達が多い人は、細かいことは気にしない心の広い人が多いという特徴があります。男女間では特に、たとえ友達とはいえ、考え方の違いが起こりやすいです。そういう時に、自分の立場だけで物を言わず、相手を受け入れて妥協できる人は、異性からも信頼されやすいです。

例えば、待ち合わせに遅刻した人を責め立てない、「ズルい」「羨ましい」といつまでも嫉妬せずに気持ちの切り替えができる人などは、友達としてとても付き合いやすいタイプです。

周りに男女問わず友達が多い人の特徴3選

①コミュニケーション能力が高い

飲み会

周りに男女問わず友達が多い人は、全体的にコミュニケーション能力が高い人が多いです。コミュニケーション能力が高いの定義を、誰とでもすぐに仲良くなれるとすると、性別に関係なく友達を作る場合は、特にこの能力が求められます。

男女の友達が多い人は、その人の性格や性別に合わせて自分を変えられるという特徴があります。このようなタイプの人の中には、周りからすると信用できない人に見えたり、友達関係も浅いものになりがちなので、少ない友達と仲良くしている人が羨ましいという人もいます。

②積極的

電話する女性

男女関係なく友達が多い人は、積極的な性格をしているという特徴があります。友達が少ない人は、なかなか他人に話しかけられないという悩みを抱えている人も多いですが、あらゆる層の友達がいる人は、自分から積極的にアプローチします。

その分、人によっては信用できないと見られることもありますが、友達ができない人からすると、羨ましいと思う特徴の一つと言えます。しかし、このタイプも友達関係は浅くなりがちです。

③好奇心が旺盛

ゲームをする男女

男女問わず友達が多い人は、比較的好奇心旺盛が人が目立ちます。ここでの好奇心が旺盛の定義は、多趣味であらゆる物事に関心を持つ人のことを指します。とにかく色々な物事に挑戦しようとするので、幅広いジャンルの友達ができやすいです。

友達が少ない人でも多趣味な人はいますが、この場合は一人でできる趣味なので、友達が多い人の大人数で趣味を共有するという特徴とは異なります。他にも、友達がいない人の特徴が知りたい人は、以下の記事を参照してみましょう。

Small thumb shutterstock 693458410
友達がいない人の特徴20選!作れない原因や同性の女友だちが少ない理由も

友達がいない人や少ない人、またはできない人や作れない人にはある共通した特徴があります。ここでは、そんな理由や原因について男性と女性の性別に分けて、詳しくご...

友達が多い人の性格は?

①ポジティブ

寝転がる女性

友達が多い人は、基本的に性格がポジティブです。何事も明るく前向きに考えられるため、臆することなく人に積極的に話しかけたり、他人のために行動することができます。そのため、人が自然と集まってきます。

このようなポジティブな性格は、引っ込み思案で友達ができない人から羨ましいと思われるポイントの一つです。こういう人は切り替えが早いので、友達が一人減っても、また新しい友達をすぐに作ることができます。

②寂しがり屋

悩む女性

友達が多い人は、寂しがり屋な性格をしています。ここでの寂しがり屋の定義は、誰かと常につながっていたいというタイプを言います。このような性格の人は、連絡できる人をできるだけ多く作るため、おのずと友達も多くなります。

このようなタイプは、自分の気分に相手を付き合わせることもあるので、一度信用できないと思われたら、友達が一気にいなくなることもあります。しかし、なかなか他人に甘えられない人からすると、羨ましいと思われる性格であると言えます。

③几帳面

スケジュール帳

友達が多い人は、比較的几帳面でマメな人が多いです。友達が多いということは、それだけたくさんの人の行動パターンや性格を把握しておかなくてはいけません。また、友達と言えるほどの関係を続けていくには、適度に連絡をとる必要もあります。

そのような一人一人のパターンを整理できて、なおかつ定期的に連絡ができる几帳面な人は、他人とも良好な交友関係を築くことができます。友達が少ない人よりは浅い関係になりがちですが、このタイプは比較的、友達の入れ替わりも見られない傾向にあります。

友達が多い人の悩みは?

①浅い付き合いになる

去って行く人

友達が多い人は、浅い交友関係になってしまうという悩みを抱えている人が多いです。友達が少ない人は深い付き合いができるという定義はありませんが、友達が多いとどうしても一人一人への対応が雑になりがちです。そのため、友達が多い人からすると、親友ができやすい人が羨ましいという声もあります。

交友関係が広い人の中には、関係が浅くても友達はできるだけ多い方がいいという心理の人もいるので、誰しもが同じ悩みを抱えているわけではありません。しかし、一見楽しそうに見えても、孤独感を抱えている人は意外と多いです。

②信用できないと思われる

睨む男女

友達が多い人は、周りから信用できない人に見られるという悩みを抱える人も多いです。信用できない人の定義の中に、人によって態度を変えるというものがあります。友達が多い人は、一人一人に臨機応変に対応できる人が多いので、それが態度を変えていると思われがちなポイントと言えます。

また、それと同じように、他人をなかなか信用できないという人も多いです。信用できないがために、親友もできにくく、結果的に浅い関係のままで終わるということも珍しくありません。

③トラブルに遭いやすい

落ち込む男女

友達が多いと、その分思わぬトラブルに遭いやすいという悩みもあります。友達が少なければトラブルに遭いにくいというわけではありませんが、交友関係が広いと、自分の知らないところでいつの間にか厄介事に巻き込まれる確率も上がります。

また、交友関係が広がる分、友達の友達など知らない人とも交流しなくてはならないケースも増えます。そうなると、自分と合わない苦手な人とも付き合わなければいけないこともあるため、少数でも気の合う人と付き合える人が羨ましいという声も多いです。

友達が多い人は付き合い上手

友達が多い人の定義を、常に連絡ができる人が複数人いるという風に捉えると、付き合い方が上手くて積極的な人が多いということが言えます。確かに、浅い交友関係になってしまうこともありますが、いざとなった時に頼れる人が多いことも事実です。友達が多くて羨ましいという人は、彼らの特徴を参考にしてみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。