褒められた時の返し方12選!会社の上司や目上の人に好印象な返事をご紹介!

会社の上司や目上の人に褒められた時の、上手な返し方を知っていますか?正しい返し方を知っておくと、相手に好印象を与えられます。場面別に上司や先輩、お客様に褒められた時の上手な返し方を徹底解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【LINE】褒められた時の上手な返事の返し方3選

①相手が上司の場合

握手をする部下と上司

LINEはどちらかというと気軽なコミュニケーションツールですが、相手が上司の場合は、LINEであっても敬語を使って、丁寧な返事をする必要があります。まずは褒めてもらったことに対してお礼を伝え、上司を立てるフレーズも忘れないようにしましょう。そして向上心を感じさせる最後の一文も大切です。

    LINEで上司に返事をする場合

  • お褒めいただき、ありがとうございます。
  • ○○さんにいつも的確なアドバイスをいただいていたおかげです。
  • これからも精進しますので、よろしくお願いいたします。

②相手が先輩の場合

プリントを見て会話する先輩と後輩

LINEでやり取りをする先輩が相手の場合、多少は親しい間柄である場合が多いでしょう。相手は先輩なのでもちろん丁寧な言葉遣いは必要です。しかしあまり固くなりすぎずに、ほんの少しだけユーモアを入れると、その後の関係性も円滑になります。以下の例文を参考にしましょう。

    LINEで先輩に返事をする場合

  • ありがとうございます。
  • いつも○○さんに助けていただいて何とか成功しました。
  • これからも頼りにしています(笑)!

③相手がお客様の場合

握手し合って喜ぶチーム

お客様は社外の人なので、LINEという気軽なコミュニケーションツールでのやり取りであっても、失礼があってはいけません。丁寧な言葉遣いを心がけて返事をしましょう。以下の例文のように、個人的に褒めてもらったとしても、会社やチームの力が大きかったということを織り込んで感謝を伝えます。

    LINEでお客様に返事をする場合

  • ありがとうございます。
  • お褒めいただき、社員一同今後の励みになります。
  • これもひとえに○○さまにいつもご愛用いただいているおかげです。
  • これからも精進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【SNS】褒められた時の上手な返事の返し方3選

①相手が上司の場合

部下の肩をたたいて会話する上司

上司とSNSでやり取りをしていて褒められた時の返し方です。SNSでやり取りをするほど親しい上司であれば、あまり堅苦しい敬語でなくても良いでしょう。ただしその後の関係性も考えて、決して失礼があってはいけません。相手が上司の場合は、ユーモアを入れるのは避けましょう。

    SNSで上司に返事をする場合

  • お褒めの言葉、ありがとうございます!
  • とても嬉しいです。
  • いつも○○さんにご指導いただいている賜物です。
  • これからも精いっぱい頑張りますので、よろしくお願いいたします。

②相手が先輩の場合

タブレットを見ながら話す先輩と後輩

SNSで先輩に褒められた場合には、かなり親しい先輩である場合が多いので、少しユーモアも取り入れて返事をしましょう。ユーモアを入れられると、先輩から「面白いやつ」と認定されて、その後の関係性がスムーズになります。以下の例文を参考にしてください。

    SNSで先輩に返事をする場合

  • ありがとうございます!
  • 褒めても何も出ませんよ(笑)。
  • でも本当に嬉しいです。
  • これからも精進するので、ご指導よろしくお願いします!

③相手がお客様の場合

カフェの店員と客

お客様にSNS上で返事をする場合には、後々まで文章として残るので、決して失礼のないように丁寧な返事を心がけましょう。「お客様のおかげです」という謙遜を表すフレーズを入れると良いでしょう。以下の例文を参考にしてください。

    SNSでお客様に返事をする場合

  • お褒めの言葉、身に余る光栄です。
  • いつも○○様にご愛顧いただいているおかげです。
  • これからも良い商品をご提供できるよう、ますます努力いたします。
  • この度はありがとうございました。

【メール】褒められた時の上手な返事の返し方3選

①相手が上司の場合

タブレットを見ながら会話する上司と部下

メールで上司に返事をする場合には、文章としてPCに残るので、丁寧な言葉遣いを心がけます。上司を立てること、そして仲間を立てるフレーズが入ると好印象です。後々の関係性に悪影響を及ぼさないよう、以下の例文を参考に返事のメールを送りましょう。

    メールで上司に返事をする場合

  • お褒めいただき、ありがとうございます。
  • いつも的確なアドバイスをくださる○○さんのおかげで、チームのみんなとうまく進めることができました。
  • これからも精進いたしますので、ご指導よろしくお願いいたします。

②相手が先輩の場合

先輩に褒められる女性

先輩にメールで褒められた場合には、先輩との関係性にもよりますが、親しい場合には多少のユーモアを盛り込むのもおすすめです。そしてやる気をアピールするのも好印象です。以下の例文を参考にしてください。

    メールで先輩に返事をする場合

  • ○○先輩から褒めていただけるなんて光栄です!
  • ありがとうございます。
  • いつも○○先輩を見習って仕事をしてきた甲斐がありました(笑)!
  • これからももっと頑張るので、よろしくお願いします。

③相手がお客様の場合

喜ぶビジネスチーム

メールでお客様からわざわざ褒めてもらった場合には、感謝の気持ちを強くアピールしましょう。丁寧に、そして少しだけ謙遜するフレーズも入れると良いでしょう。

    メールでお客様に返事をする場合

  • お褒めの言葉を頂戴し、身に余る光栄です。
  • 社員一同、大変喜んでおります。ありがとうございます。
  • これもひとえに、○○様をはじめ、お客様皆様にご愛顧いただいているおかげです。
  • これからも良い商品をお届けできるよう精進してまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

【会社・ビジネス】褒められた時の上手な返事の返し方3選

①相手が上司の場合

面談をする部下と上司

会社やビジネスの場で上司に対面で褒められた時には、緊張してうまく返せないことがあるかもしれません。相手は上司なので、丁寧な敬語を使うこと、そして何よりも感謝の言葉を伝え、褒められて嬉しいという態度で返事をすることが大切です。

    対面で上司に返事をする場合

  • ありがとうございます!
  • ○○さんに褒めていただいて、とても嬉しいです。
  • いつも○○さんに的確な助言をいただいたおかげです。
  • これからも精進いたしますので、ご指導よろしくお願いいたします。

②相手が先輩の場合

マグカップを持って話す先輩と後輩

会社やビジネスの場で、先輩に対面で褒めてもらった場合には、嬉しいという態度をオーバーなくらいに見せて、先輩から「かわいいやつ」と思われるのがベストです。親しい先輩であれば、多少のユーモアを入れると「面白いやつ」とも思われて、さらに好印象です。

    対面で先輩に返事をする場合

  • ありがとうございます。
  • ○○先輩に褒めてもらうなんて、浮かれてしまいそうです(笑)!
  • これからも○○先輩に近づけるよう、精いっぱい頑張ります!

③相手がお客様の場合

握手し合うビジネスマン

会社やビジネスの場でお客様に対面で褒めてもらった場合には、嬉しいという態度と感謝の気持ち、そして少しの謙遜の気持ちを表すのが大切です。以下の例文を参考にしてください。

    対面でお客様に返事をする場合

  • ○○様にお褒めいただきとても嬉しいです。
  • いつもご愛顧いただき、本当にありがとうございます。
  • ○○様のお役にほんの少しでも立てているのなら光栄です。
  • これからも皆様に愛されるよう精進いたしますので、よろしくお願いいたします。

これはNG!褒められた時にやってはいけない返し方

褒められた時の返事の仕方で、これだけはやってはいけないというポイントもあります。会社やビジネスの場では、その後の上司や先輩、お客様との関係性を悪くしかねないので、NG例をやってしまうことのないように気を付けましょう。

NG例①謙遜しすぎる

会話するビジネスマンの手元

会社で褒めてもらったときに、「そんなことありません」と謙遜するのは、あまりおすすめできません。日本人の美徳として謙遜という態度がありますが、謙遜しすぎることは相手の言ったことを否定することになるのでNGです。せっかく目上の人が褒めてくれた時には謙遜せず、素直にお礼を言った方が相手からも好印象です。

どうしても謙遜の気持ちを伝えたい場合には「そんなことありません」と否定するのではなく、「○○さんのおかげです」と相手を立てたり、「チームのみんなのおかげです」と仲間を立てる言い方をしましょう。会社やビジネスの場では、自分も相手も良い気分になれる謙遜の伝え方を覚えておくのが大切です。

NG例②聞き返す

耳に手を添えて聞く女性

「本当に頑張ったと思ってますか?」などど、褒めてくれている相手に対して何度もしつこく聞くのもNGです。本当は聞こえているのに、嬉しさのあまり何度も「え?」と聞き返すのももちろん良くありません。褒めているのに何度も聞き返されると、自分のことを疑っているのかと思われることもあります。

また、「え?」と何度も聞き返されると、面倒くさい人だという印象にもなります。親しい間柄であれば、冗談として1回だけ聞き返すのはアリな場合もありますが、ビジネスの場で上司や先輩、お客様に対して何度も聞き返すのは、ユーモアではなく失礼に当たります。褒めてくれたことを素直に受け止めて、お礼を言いましょう。

NG例③嬉しくなさそうな態度

ため息をつく男性

せっかく褒めてもらっているのに、興味がなさそうな表情をするのもNGです。褒められたことに照れて、照れ隠しでつまらなそうな表情をする人もいますが、せっかく褒めてもらったら嬉しそうな表情をした方が、相手も良い気分になります。

褒められて本心では嬉しくなかったとしても、つまらなそうな表情をしてはいけません。親しい間柄でのユーモアとしても、つまらなそうな表情は避けた方が良いでしょう。

メールやLINE、SNSで褒められたことに対して返事をするときには、嬉しそうにしていても表情が見えません。「褒めていただき光栄です」のように、嬉しいという気持ちを言葉で伝えると良いでしょう。親しい間柄ならSNSやLINEに笑顔の絵文字を付けて、ユーモアをプラスしても良いですね。

褒められた時は上手な返し方で好印象に!

会社で上司や先輩、お客様から褒められたら、対面でも、メールやLINE、SNSでも、上手に返して相手に好印象を与えましょう。自分も相手も気持ち良く仕事ができるように、ビジネスの場では正しい返し方を知っておくことが大切です。その後の相手との関係性をスムーズにし、より仕事のしやすい環境を保てるでしょう。

気軽なLINEやSNSとは違い、上司や目上の人に送るメールの文章は、送り慣れていないと難しいものです。下の記事では、ビジネスメールの書き方を詳しく解説しています。ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

Small thumb shutterstock 1191928219
上司や目上の人のビジネスメールの書き方!書き出しと報告やお礼例文は?

上司や目上の人にビジネスメールを送る場合の正しい書き方はご存知でしょうか。ビジネスメールを書く上で新人の人が特に悩むのが、メールの書き出しではないでしょう...

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。