判断力を鍛える方法5選!状況に応じた判断をして仕事で良い結果を残したい人に!

日常生活や仕事において、判断を迫られる場面は多いですよね。適切な判断を下せば、日々の暮らしをより充実させられます。そこで今回は、判断力を鍛える方法についてご紹介します!判断力がなくなる原因や特徴などもまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

判断力を鍛える方法5選!

①様々な視点でものを見る

視線

判断力を鍛えるトレーニング方法としておすすめなのが、様々な視点から物事を見るという事です。判断力を培うためには、まず判断材料を集める練習をしなくてはいけません。置かれている状況を主観ではなく、客観的な視点で見るというトレーニングが大切ですよ。

自分が見ている世界だけでなく、他の人の気持ちになって考えてみましょう。また絶対的なデータやアンケートなど、数字の情報を判断材料に入れる、ということも大切です。こうすることによって状況把握が行えるようになり、判断力が磨かれていきますよ。

②様々なことにチャレンジしてみる

チャレンジ

判断力を高める方法として、いろんなことにチャレンジするということがあります。仕事やプライベートをただこなしていると、いつのまにか日常がルーティン化されてしまいます。何か新しい刺激に触れないと判断力は育ちませんよ。趣味でもなんでも良いので、とにかくやったことのないものにチャレンジしてみてください。

新しいことに挑戦しているという状況は、情報の取捨選択や判断を多数求められます。無意識にたくさんの判断を行うことで、判断力が鍛えられるでしょう。

③失敗を振り返る

失敗

判断力を向上させるためには、失敗をした時の反省も欠かせません。判断力をトレーニングしていく上では失敗をすることもあるでしょう。一見悪いことのように思える失敗ですが、実は失敗こそ最良のトレーニングなのです。失敗を積み重ねた分だけ視野が広がり、判断材料を手に入れることができますよ。

しかしただ失敗を繰り返し続けるだけでは、次の判断力アップにはつながりません。判断力を鍛えるためには失敗を振り返り、反省をする必要があります。自分のミスを明確に認識すれば、「こうすればよかった」という情報を手に入れることができます。これを繰り返せば判断力が上がり、同じ状況でミスをすることが減りますよ。

④1日を振り返る習慣をつける

振り返り

1日を振り返るという方法も、判断力トレーニングの一つです。何気なく過ごしている日々の中にも、実はたくさんの選択・判断が行われています。冷静に1日にしたことを振り返り、フィードバックをしてみてください。頭の中で考えるという方法でも良いですが、おすすめなのは日記などにまとめる方法です。

紙に書くことで頭の中が整理され、「適切な判断とは何か」が考えやすくなりますよ。手軽に始められるトレーニング方法です。是非挑戦してみてください。

⑤小さな決断をこなす

判断

判断力をトレーニングする方法として、何でも良いので判断を行う、ということもおすすめです。「自分には判断力がない」と思い込み、判断することを避けていませんか?これでは判断力は鈍る一方です。1日の目標を決めたり、1週間の予定を立てたりということで良いので、とにかくたくさんの判断をしましょう。

またただ判断をするだけでなく、決めたことを実行するということも大切です。自分で判断したことを行なって成功する、という体験を増やしていけば、どんどん判断力は鍛えられていきます。

判断力を鍛える際に意識すべきコツとは?

①最良を意識しない

禁止

判断力トレーニングのコツとして、一番良い判断をしようとしない、ということも大切です100パーセント完璧な判断は存在しません。「完璧な決断をしなくては」と思うほど判断力は鈍ります。最前を意識するのではなく、「より良い方」を選ぶようにすると、トレーニングがうまくいきますよ。

②決断の基準を定める

決める

判断力トレーニングのコツとして、判断の基準を自分の中で明確にする、という方法があります。何か基準がないことには、適切な判断はできません。また曖昧に決めたことは間違いが起こりやすいです。判断を下す上で何を重要視すべきなのか見極めましょう。この方法で、仕事やプライベートで良い判断ができるようになります。

③たくさんの判断材料を集める

把握

判断トレーニングのコツに、状況把握で判断材料を揃える、ということがあります。現在の問題点や状況、他人の考え、自分自身の立場などを踏まえ、材料を集めていきましょう。情報の取捨選択はせず、とにかくたくさんの情報を集めることがポイントですよ。

判断力が鈍る原因とは?

原因①自分のするべきことをわかっていない

わからない

判断力が鈍ってしまう原因として、自分が何をすべきかわかっていないということが挙げられるでしょう。自分の役割がわからないと、判断すべきタイミングを逃してしまいます。この状態が続くと、判断することが減っていき、うまく頭を使えなくなります。その結果、判断力が低下していきますよ。

原因②固定観念にとらわれている

とらわれ

判断力低下の原因として考えられるのは、自分の中にある固定観念に囚われていることです。「〇〇しなくてはいけない」「△△はこうあるべきだ」などの価値観に囚われていませんか?このような価値観は、人の視野を狭めます。状況把握能力を低下させ、適切な判断を阻害してしまうでしょう。

原因③大きなトラウマがある

トラウマ

判断力が鈍ってしまう原因の一つに、精神的なトラウマが挙げられます。自分が下した判断が原因で仕事で迷惑をかけた、などという経験をした場合、これがトラウマとして残ることがあります。このショックによって大きな判断を下すことができなくなってしまうのです。自分の過去をきちんと乗り越えることが大切でしょう。

判断力がない人の特徴4選!

①人に判断を任せる

人任せ

判断力がない人の特徴として、誰かに判断を任せるということがあります。特に友人や兄弟など、身近な人で強い判断力を持った人がいた場合に多いです。他人に全てを決めてきてもらったからこそ、自分自身で決断することができないのです。

またこういったタイプの人は、他人に判断をしてもらった方が楽だと考える、という特徴もあります。自分で行なった判断には責任が伴うため、リスクを負いたくないという気持ちが働くのです。

②視野が狭い

狭い

判断力がない人の特徴に、視野が狭いということもあります。偏見や思い込みが強い人は、判断の選択肢が狭いです。そのため、どのような状況でも偏った判断しかできません。また視野が狭いために、判断にたどり着くことができないという状況にもなりやすいです。特に仕事などでこの傾向が顕著に出るでしょう。

③失敗を引きずる

落ち込む

判断力が欠如している人の特徴に、過去の失敗を引きずるということがあります。自分が犯したミスをいつまでも気にして、気持ちを切り替えることができません。そのためいつまでも失敗を恐れ、判断ができない心理状態に陥っているのです。

④自分に自信を持てない

自信なし

判断力がない人の特徴に、自分に自信がないということがあるでしょう。これは、判断力が欠けている人に最もよく見られる特徴とも言われていますよ。自信がない人は「自分が判断することでネガティブなことが起こったらどうしよう」と不安を抱えています。そのため、小さなことでも自分で決めることを怖がるのです。

判断力がある人の特徴4選!

①リスクを恐れない

恐れない

判断力がある人の特徴として、リスクを恐れないということがあります。判断力が高い人は失敗した時のことを悩みません。「自分が決断したから大丈夫」と信じ、判断に踏み切るのです。

またリスクの取捨選択がうまいというのも、特徴の一つでしょう。特に仕事などの場面では、「誰もが100パーセント納得する判断」というものは下すことができません。必ず何か不都合が生じます。これらのリスクを天秤にかけ、よりリスクが少ない方を選べる人が、判断力のある人なのです。

②明確なゴールを持っている

ゴール

判断力がある人は、自分が向かうべきゴールをしっかり持っています。「最終的にどのような状態になるべきなのか」という着地点が明確なので、正しい判断を導くことができます。感情やプレッシャーなどに負けずに判断が下せるため、仕事などでも評価されやすいですよ。

③すぐに行動に移すことができる

行動

判断力がある人は、とにかくすぐに行動するという特徴を持ちます。判断を先延ばしにしてうじうじと悩むより、とにかく判断を下して行動する、という方を選ぶのです。こちらの方が効率がよく、チャンスを掴みやすいとも言われていますよ。

④長期的な目線を持っている

目線

判断力に長けた人は、長期的な目線を持っています。短絡的な思考にならず、未来の損得を計算することができるのです。「今この決断をすると将来どうなるか」と常に考えているため、適切な判断を下せると言われていますよ。

判断力を鍛えるメリットとは?

鍛えるメリット①ミスが少なくなる

嬉しい

判断力を鍛えるメリットに、ミスが減るということがあります。判断力がアップすれば、よりベターな方を選択できるようになります。その結果、仕事やプライベートなどでのミスがどんどん減っていきますよ。

またこちらに、うっかりやってしまうケアレスミスを少なくする方法についてまとめられている記事を載せておきます。ケアレスミスの意味やミスが多い原因、ミスをなくすための対策方法が紹介されていますよ。日常でのミスを減らしたい!と考えている方は、是非こちらの記事にも目を通してみてくださいね。

Small thumb shutterstock 360676460
ケアレスミスの意味とは?うっかりミスが多い原因となくす対策は?

ケアレスミスの意味とは何なのでしょうか?日頃からうっかりミスが多い人は、原因やミスをなくすための対策などぜひ参考にしてみて下さい。また、仕事においてケアレ...

鍛えるメリット②仕事の効率がアップする

ビジネス

判断力を鍛えることにより、仕事の効率もアップすると言われています。判断力が上がれば、おのずと決断スピードも上がります。適切な判断をテンポ良く行なっていけるため、仕事にかかる時間が減り、効率アップが狙えるのです。仕事ができる人材として重宝されるようにもなるでしょう。

判断力を鍛える方法を実践して仕事やプライベートを充実させましょう!

判断力が低下する原因や、判断力がない人・ある人の特徴などをしっかりと抑えることにより、判断力が向上していきます。判断力が付けば仕事やプライベートをより充実させられるでしょう。今回紹介したトレーニング方法を実践しつつ、判断力のある人材を目指してくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。